妊娠中の足のむくみ解消法に加圧ソックスは効果なし?

妊娠中の足のむくみ解消法に加圧ソックスは効果なし?-min

妊娠中の悩みの1つに多く聞かれるのが「足のむくみ」です。足がパンパンにむくむと、痛みやだるさで辛いですよね。妊娠中には自分でマッサージをしようと思っても、なかなかできません。そこで、手軽に履ける加圧ソックスは、むくみ解消に良いと思いますよね。

しかし、「加圧ソックスを履いても効果がない」、「危険」などと言われることもあります。それはどういうことなのでしょうか?加圧ソックスは妊娠中の足のむくみには効果がないのでしょうか?妊娠中の加圧ソックスの効果についてご紹介します。

妊娠中のむくみへの加圧ソックスの効果

妊娠4~5か月くらいから、むくみやすくなってきます。それは、妊娠することによって、ホルモンバランスや体型の変化があるからです。女性ホルモンであるエストロゲンの分泌量が増えることで、水分を溜めこみやすくなります。また、子宮が徐々に大きくなることで、下半身の血管を圧迫してしまうのです。

そこで、加圧ソックスを使うことはとても効果的なのです。では、なぜ効果がないと言われるのかというと、その履き方や選び方などに注意が必要だからです。きちんと正しく履けば、加圧ソックスは辛いむくみの解消にとても役立ってくれるアイテムになります。

妊娠中の加圧ソックスの選び方

加圧ソックスには、医療用、日中用、夜用、マタニティ用など種類があります。形もいろいろなものがあります。どれを選ぶのが良いのでしょうか?

医療用弾性ストッキング

加圧されているソックスの中には、医療の現場で使われる「医療用の弾性ストッキング」というものがあります。妊娠中は、静脈が圧迫されることによって、下肢静脈瘤ができやすくなるので、その予防や治療として使われることがあります。

市販のものよりもしっかりと圧がかかっているものが多いのです。むくみが激しい時には、担当の医師に処方されるでしょう。今はインターネットでも購入することができるものもありますが、自分で履きたいと思う時には自己判断をせず、担当の医師に相談するようにしましょう。

日中用

日中家にいる時や仕事をする時などに履いているだけで、リンパや血液循環を良くしてくれる、一般的な加圧ソックスです。ひざまでのソックスタイプ、ウエスト部分まであるタイツやレギンスタイプのものとあります。ファッション性も高く、普通のソックスやタイツなどと同じように使うことができます。

妊娠中はお腹に圧をかけない方が良いので、ひざから下のものや太ももまでのタイプのものが良いでしょう。おすすめの日中用の着圧ソックスはこちらも参考にしてみて下さい。

夜用

夜用は、日中用よりも圧が弱めに作られていて、寝ながらもリンパや血液循環を良くしてくれるものです。朝目覚めた時に、すっきりとした足でいられます。夜寝る時には、強い圧をかけていると、寝苦しくなったり、血行が悪くなってしまったりします。必ず寝る時には、夜用を履くようにしましょう。おすすめの夜用の着圧ソックスはこちらを見て下さい。

マタニティ用

マタニティ用は、一般的な着圧ソックスよりも圧が弱めに作られていたり、お腹の部分がゆったりと大きく作られていたりするものです。妊婦さん用に作られているので、通常のものを使うのが不安という人でも安心して使うことができます。

妊娠中の加圧ソックスで気を付けること

妊娠中の加圧ソックスは、むくみ解消にとても有効であるとご紹介しました。しかし、妊娠中は身体も肌も、通常とは違う場合も多いのです。妊娠中は加圧ソックスの選び方も気を付けなければなりません。

圧力

着圧ソックスを買う時に、表示されているのが「hPa(ヘクトパスカル)」や「mmHg(ミリハーゲン)」という圧力の単位です。1mmHgが1.33hPaです。圧力が強い方が良いというわけではありません。

妊娠中の場合は、圧が強すぎると苦しくなる場合もあります。無理をせずに低圧力のものを選ぶのがおすすめです。

サイズ

サイズも自分に合っているものでなければ効果が得られません。締め付けが強い方が良いからと言って、小さめのサイズを選ばないようにしましょう。かかとや足首、ふくらはぎなど位置がきちんと合っていなければ、圧力もきちんとかかりません。足のサイズや身長などで、自分に合ったサイズを選ぶようにして下さい。

素材

加圧ソックスは、圧をかけるためにぴったりと密着しているものが多くなります。そして、ポリウレタンやポリエステルなどの化学繊維で作られていることが多いのです。よって、蒸れやすかったり、かゆみが出やすかったりする場合があります。通気性が良く作られているものや、速乾性があるものを選ぶようにしましょう。

妊娠中は、肌が過敏になっていることもあるので、かゆみや赤みが出るような場合は、使用を止めて様子を見ましょう。

妊娠中の冷えは大敵です。冷えが気になるような人は、発熱性のある繊維を使用している加圧ソックスがおすすめです。足元をぽかぽかと保温することができます。

無理をしない

加圧ソックスはむくみを解消させるためには効果的なものですが、無理は禁物です。サイズが合っていなかったり、体調が悪かったりすると、苦しく感じたり、気分が悪くなったりする場合もあります。何か異変を感じたらすぐに使用を止めましょう。また最初は長時間の着用は避けて、短い時間から始めるのも良いでしょう。

妊娠後期の加圧ソックスの注意点

妊娠後期になると、履き方に注意が必要になります。加圧ソックスは足首からふくらはぎ、太ももにかけて徐々に圧が低くなっている、段階圧力設計となっています。その部位に合わせて履かなければ、きちんとした効果が得られなくなります。

しかし、お腹が大きくなっている妊娠後期になると前屈みになってソックスを履くのが難しくなります。ですので、横座りをして履くようにして、正しく履けるように気を付けて下さい。履きやすいように、少し圧が弱めのものを選ぶのも良いでしょう。自分で無理な場合は家族に手伝ってもらうようにしてみて下さいね。

妊娠高血圧症候群への効果

妊娠中に起こるトラブルで良く聞かれるのが「妊娠高血圧症候群」です。以前は「妊娠中毒症」と言われていました。妊娠高血圧症候群は、妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧が見られる、または高血圧と尿たんぱくを伴う病気の総称になります。

以前の妊娠中毒症の場合よりも、より厳密に診断基準ができ「高血圧」に関して注目をして診断されるようになったという違いがあります。重症化すると命の危険もあるのです。原因ははっきりとわかってはいないのですが、「むくみ」が妊娠高血圧症候群の自覚症状としてあげられます。

むくみは妊娠中の女性の多くが感じやすく、むくみを感じる全ての人が妊娠高血圧症候群になるとは限りません。しかし、むくみを感じたら放っておかずに「妊娠高血圧症候群のサインかもしれない」と思い気を付けるようにしましょう。その時にも、加圧ソックスは役立ってくれます。

もちろん適度な運動や栄養バランスの整った食事などの生活習慣を見直すことも大切ですので、上手に加圧ソックスを利用すると良いでしょう。

参考:「妊娠高血圧症候群|公益社団法人 日本産科婦人科学会」

妊娠中の足のむくみに加圧ソックスは効果的!

妊娠中は足がどうしてもむくみやすくなります。そんな時には、加圧ソックスはとても役だってくれます。効果がないというのは、正しく使えていないからです。妊娠中は肌も身体も敏感なので、圧が低めのものを利用すると良いでしょう。

また、サイズや素材選びも自分に合ったものを選ぶようにしましょう。妊娠後期になると、お腹が大きくなり、履きにくくなると思いますが、正しい部位、位置に合わせて履くように注意して下さいね。妊娠高血圧症候群の予防にもなりますよ。

上手に加圧ソックスを妊娠中にも取り入れて、辛い足のむくみを取り除き快適なマタニティライフを送って下さい。