一日中メディキュットや着圧ソックスは履いても大丈夫?効果は増す?

一日中メディキュットや着圧ソックスは履いても大丈夫?-min

メディキュットは、履くだけで足を引き締めてくれる万能アイテムですよね。むくみを予防・改善したり、血行を促して冷えを解消してくれる効果もあるので、美脚を求める女性の強い味方と言えます。そんな、足に悩みを持つ女性なら誰もが試したことのあるメディキュットですが、調べているときや、使っているときにこんなことを思ったことはありませんか?

「一日中履いていたら効果が倍増するのかな?」「ずっと履きっぱなしでいたら早く効果を感じられるのかな?」と...そんな私も、メディキュットを履くたびに疑問に思っていました。「履いているだけで足を引き締めてくるなら、ずっと履いていればどんどん足が細くなりそう」と考えてしまいますよね。

他にも「履いたり脱いだりするのが面倒だから、ずっと履きっぱなしでいたいけど良いのかな?」「一日中履いてたらさすがに締め付けられ過ぎになっちゃう?」なんてことも気になりますよね。「早く効果を感じたい!」「履いたり脱いだりしたくない!」「楽に足痩せしたい!」というのは女性の本音ではないでしょうか。

おいうことで今回は、メディキュットを一日中履くと効果は増すのか?どんな効果が得られるのか?安全面は問題ないのか?を検証していきます。メディキュットを知っている方が一度は抱く疑問を解決していくので、是非最後までチェックしてくださいね。

【検証】一日中メディキュットを履くと効果は増えるの?口コミから調べる

一日中メディキュットを履いた人の口コミから、効果が増えるかどうかを検証してみました。メディキュットを履きっぱなしにすることで、意外な現象が起きた人もいたようです。

「特に効果は変わらない」という意見が圧倒的に多い!

メディキュットを一日中履きっぱなしにした人達の口コミで一番多かったのは「普通に履いているときとあまり変わらない」という意見でした。普段職場限定で使用している人で、丸一日履いてみた人もいましたが「違いを感じることができなかった」という感想が書かれていました。

口コミで一日中履いてみたと言っている人達のほとんどが、劇的な効果の倍増を期待していたようですが、長く履いたからといって足がより細くなったりすることはなかったようです。

トイレがいつもより近くなった????

メディキュットを一日中履くことで、「普段よりもトイレの回数が増えた」「トイレが近くなった」と感じた人も何人か見られました。メディキュットは第二の心臓とも呼ばれるふくらはぎの役割を促して、血液をポンプのようにぐんぐん押し上げてくれます。滞ったリンパもしっかりと流してくれるので、余分な水分が体に停滞するのを防いでくれるのかもしれませんね。

トイレが近くなったことによって、喉がいつもより乾くと感じた人もいました。履き続けることでむくみがひどい人や、むくみやすい人は常に血液を巡らせてリンパの流れを作ってくれるので、効果が長持ちするのかもしれませんね。

「足が疲れなかった」「むくみを感じなかった」

足が疲れやすかったりむくみが気になりやすい方は、長時間の使用によって効果の長続きを感じたそうです。一日中履くということは、普段は脱いでしまっている時間帯も着用していることになるので、履かないことによってむくみやすくなったり疲れやすくなるのを防いでくれるんですね。

足の疲れケアやむくみケアといった効果は、一日中と通常の時間では変わらないので、足の悩みが深刻な方は一日中履いても良さそうですが、普段のメディキュットの使用時間で間に合っている方は、無理に一日中履く必要は無さそうです。

結論!「効果は倍増しないけどむくみやすい人には良い」

口コミを調べた結果、一日中履いたからといって足痩せ効果が倍増したりすることは無いのが分かりました。たしかに、履けば履くほど細くなるなら、そのうちとんでもないことになってしまいますよね。通常の時間と一日中でも、得られる足痩せ効果は変わらないようです。

また、むくみ予防改善効果やリラックス効果も、一日中履いたからといって増えるわけではありません。けれど、履かない次官を作らないことで、常に血やリンパの流れを作ってくれることになります。なので、「少しでも着圧ソックスを手離すとむくんでしまう」「着圧ソックスを履いていないときはダルさが酷い」という方は、一日中履くことでムラ無く効果を実感できますよ。

【検証】一日中メディキュットを履いても安全性は大丈夫?

次に、メディキュットを一日中履くことによる安全面について検証していきましょう。着圧ソックスの特徴と口コミの意見から、メディキュットの長時間使用についてまとめてみました。

公式のホームページの見解は?

ドクターショール メディキュットの公式HP の質問コーナーには、メディキュットの使用時間について記載されています。「一日何時間履いても良いのか?」という質問に対して、公式の答えは「特に決まりはありません」ということでした。一日に履く時間は、その日の足のコンディションや商品との相性を考えて自分で決めて大丈夫ということですね。

また、「寝るときもメディキュットを履いても大丈夫?」という質問には「寝るときは寝ながらメディキュットを着用してください」という答えになっています。寝ながらメディキュットは、寝ている間も快適な着圧に設定してあるので、普通のものだと締め付けがキツすぎて寝苦しくなったりしてしまうようです。

口コミから検証

反対にむくみやすくなってしまうこともある

メディキュットを一日中履くことで、血行を促すための着圧が足を締め付けすぎてしまうこともあります。口コミでは「長時間履いたらむくんでしまった」「履きすぎて足がだるくなった」という意見もありました。

一日中足を締め付け続けることになってしまうので、むくみがそれほど酷くない方には締め付けすぎとなってしまって、反対に血行不良を引き起こしたり、リンパが滞ってしまうこともあるようです。一日中履こうと思っていても、途中で「なんだか普段と違うな?」「キツ苦しくなってきたかも」と感じたらすぐに脱いでくださいね。

着圧効果の高いものは避けた方がいいかも?

口コミの意見を見ていると、一日中履いても問題なかった商品と、一日中履いたらキツく感じたりむくんでしまった商品があるようでした。メディキュットからは下半身の悩みに特化した様々な種類の着圧ソックスが発売されています。

むくみや疲れが酷い方向けであったり、足の悩みを素早く解決してくれるタイプのものは締め付け値が高めになっているのです。締め付け効果が非常に強いので、これらを一日中履くと締め付けすぎとなってしまいます。

ですから、一日中履いても大丈夫な着圧値が通常タイプの商品を選んでみてくださいね。強い着圧のものなら時間を決めて集中的に使う、通常~やさしめの着圧のものは長時間履く、
などと決めておいた方が締め付けすぎによるトラブル無く使うことができますよ。

結論!「安全面は問題なし!ただし着圧値に注意することを忘れずに」

口コミや公式HP の質問から見ても、メディキュットを一日中履くことの安全面は問題なしと言えます。ただ、一日中履いても大丈夫だからといって、足のコンディションチェックや商品との相性チェックをしないのはNGですよ。

メディキュットといっても商品によって締め付けの強さや、特化している悩みは様々なので、「自分の足はむくみやすいのか?」「足の疲れはどれくらい酷いのか?」「一日中履いても締め付けが不快にならないか」「自分が一番気持ち良く感じる締め付けの強さはどれくらいか」を考えて商品を選んだり、一日中履けそうな日を見極めて使ってみてくださいね。

実際に一日中メディキュットを履いてみました

口コミをもとに、一日中メディキュットを履くことの効果や安全性について検証していきましたが、「そういえば、一日中メディキュットを履いたことってないな」と思い付いたので、ずぼらで横着な私が実際に寝ながらメディキュットを夜寝る前から一日中履き続けてみました。気づいたことや感じたことをまとめていきます。

着用感がだんだん快適→ダルいに変わってきた

メディキュットって、履いた瞬間足がフワッと気持ち良くなる使用感が魅力ですよね。けれど、夕方くらいになるとフワッとするどころか、足がだんだんダル重くなってしまったのです。

私はもともとむくみなどはあまり無く、疲れが酷いタイプだったので締め付けすぎによってダルくなってしまったのかもしれません。反対にいうと、一日中履かなくても寝ながら履いているだけでむくみはしっかり取れているということになりますね。

やっぱり足はいきなり細くならなかった

先ほど口コミでも検証しましたが、丸一日履きっぱなしにしても足の細さなど、目に見える変化はありませんでした。ただ、いつも通りむくみの少ないすっきりとした足にはしてくれましたよ。メディキュットの引き締め効果は確かなものなので、毎日続けて使用することでしっかりと足痩せを実感できそうですね。

一日中履くなら寝ながらメディキュットから試すのがおすすめ

私は足の疲労感が酷いので寝ながらメディキュットを愛用しているのですが、寝ながらメディキュットは着圧効果もありつつ優しい締め付けなので、一日中履きっぱなしでも問題ないと思っていました。

けれど、実際に履くと夕方ごろに締め付けられている感じが強くなってきて、気持ち良さよりも不快感が勝ってしまったのです。メディキュットは短時間の着用でも存分に効果を得られる商品なので、一日中履くことを考えている方は通常タイプのものではなく、優しい寝ながらメディキュットから始めてみてくださいね。