なぜ商品によって効果が全然違う?着圧ソックスの効果とおすすめ商品はコレ

着圧ソックスの効果とおすすめ商品-min

日中、足がむくんでいると足が太くなって見えますし、何より脚が重い感じがして痛みやしびれを感じる場合もあります。だからこそ、足のむくみ対策に『着圧ソックス』の着用が効果的なのです。

クリビー

しかし、市販の着圧ソックスにはたくさん種類がありどれが良いのか?自分に合っているのか分かりづらいですよね…

それぞれの商品で、履き心地が違いますし、効果も全然違うのです。

では、着圧ソックスの効果を得るためには、どのような商品を選ぶのが良いのでしょうか?着圧ソックスの効果、着圧ソックスのおすすめ商品をご紹介します。

おすすめの商品をすぐに見たい方へ

こんな人向けの記事です
  • 着圧ソックスはどれを選べばいいか分からない人
  • どんな効果を得れるのか知りたい人
  • 着圧ソックスの様々な疑問を解消したい人

この記事を読めば着圧ソックスの様々な疑問が解決できるようにまとめましたので、参考にしてください。

着圧ソックスの効果をしっかり得るには?NGな使い方

着圧ソックスにはいろいろな商品がありますが、まずはしっかりと効果を得られる方法、NGな使い方を知っておきましょう。

効果をしっかり得る方法

着圧ソックスを履くのであれば、しっかりと効果を感じたいところですよね。効果を感じるための方法をご紹介します。

着圧ソックスの正しい使い方で効果アップ

  • 正しい位置で着用する
  • 日中用と寝るとき用は別物!きちんと使い分けする
  • 優しい洗い方で長持ちさせる

正しい位置に配置する

着圧ソックスは、足の形に合わせてフィットするように作られていますし、脚の各部位ごとに圧力のかかるバランスも考えられています。

ですので、正しい位置からずれてしまうと、効果が得られなくなってしまいます。圧がかかっているので、履きにくい場合がありますが、足首の位置やふくらはぎの位置などが、正しく配置するように履きましょう。

日中用と寝る時用は使い分ける

着圧ソックスは、日中用と寝る時用とに用途が分かれています。

寝る時にも、通常の日中用の着圧ソックスを履いていると、加圧が強すぎてしまって逆に血行が悪くなってしまうことがあるためです。その結果、寝苦しくて睡眠の質が下がってしまうことも。。。

しかし、寝る時専用の着圧ソックスなら横になっても血液循環が良くなることを考えて、日中用よりも圧がゆるめに作られています。

逆に寝る時用のものを、日中に履いていても効果が薄いため効果がない!と口コミで書かれている場合があります。それぞれメーカーのおすすめ通りに使い分けをするのが効果的ですよ。

クリビー

日中は、着圧ソックスよりも着圧タイツのほうが人気です。理由は靴下よりもデザインが優れていますし、服のコーディネートを妨げることなく着用できるので使い勝手がいいからです。

当サイトでも日中用は着圧タイツ就寝用は着圧ソックスをおすすめしています。

着圧タイツの効果とおすすめ商品-min着圧タイツの効果でより美しい美脚に!着圧タイツの効果とおすすめ商品

優しく洗って長持ちさせる

着圧ソックスは、消耗品です。長く履いていると、圧が弱くなってきて効果も薄れてしまいます。

できるだけ着圧ソックスを長持ちさせるためには、繊維の劣化を抑えることが大切です。そのためには洗濯の仕方にも気を付けましょう。

着圧ソックスの洗濯の方法は、優しく洗う手洗いが一番おすすめですが、毎日のことで大変な時はネットに入れて洗濯機で洗うと良いでしょう。

そして日陰で干しましょう。ちなみに汚れが気になっても、塩素系の漂白剤は使ってはいけません。

NGな使い方

良かれと思って行っていた方法、実は間違った方法で着圧ソックスを使っていたかもしれませんよ。

商品の質の良し悪しに関わらず、NGな使い方をしているとどんなに優れた着圧ソックスでも効果は感じられず、逆に足の負担になってしまうこともあるのです。

効果がない使い方<NG>

  • ワンサイズ落として購入しない!
  • 2枚重ねて履かない
  • 長時間ずーっとは着用しない
  • 端を折り返して使用しない
  • 体調が悪いときは使わない

サイズの小さいものを選ぶ

「圧力がかかれば掛かるほど効果的だ!」と思って、思い切り締め付けがきつい小さめのサイズを選んで履く人がいますが、それは間違いです。

圧が強いものを履いていると、逆に血行不良となり、身体の負担になります。必ず各メーカーのサイズ表を見て自分に合ったサイズのものを履くようにしましょう。

メーカーによって若干サイズ表が異なります。必ず各商品ページでサイズ感を確かめてから購入してください。

2枚重ねて履く

先ほどと同じようにに圧力を強くするために、2枚重ねて着圧ソックスを履いている人はいませんか?

無理な圧力がかかり過ぎて、足の血管やリンパに負担がかかってしまうことになります。1枚で十分な効果が出るように設計されているので、効果を求めるあまり2枚以上重ねて履かないようにしましょう。

長時間履きすぎる

着圧ソックスは1日中、長時間履き続けないようにしましょう。

長時間履くことで、逆に負担になってしまうこともあります。むくみが激しくない日は休ませてあげる、日中履いていたら、夜は止めておくなど、お休みの時間も作ると良いでしょう。

長時間履き続けることで、圧迫されたり、蒸れたりすると肌がかゆくなってしまうこともあります。肌の調子も見ながら着用するようにしましょう。

折り返して使う

着圧ソックスを履くときに、少し長いからと言って、普通のソックスと同じように折り返して履いてはいけません。曲げた部分の圧が強くなってしまい、折り曲げ部分で血流が滞ってしまいます。

その結果、血行不良やうっ血などのトラブルになってしまいます。

体調や肌に異常があるのに履く

血管系の病気、糖尿病の人など病気がある人は着圧ソックスを使用してはいけません。皮膚にかぶれや炎症がある人もダメです。

確かに下肢静脈瘤の改善や予防に、着圧ソックスが良い場合もありますが、医師に相談してから使用することがおすすめです。また、体調が悪い時も無理に使用しないようにしましょう。

これが着圧ソックスの効果

とてもメジャーになっている着圧ソックスですが、着圧ソックスの効果をここでもう一度、確認してみましょう。

  1. むくみ解消
  2. 脚痩せ効果
  3. 保温効果

むくみ解消

むくみは、血液循環やリンパの流れが悪くなることで、水分がうまく体外に排出できなくなってうっ滞している状態になります。

私達は、日中は立ったり座ったりしていますが、重力によって、下半身に血液やリンパなどが停滞しやすくなります。

そこで、足の筋肉によるポンプ機能が大切になるのです。そのポンプ機能を助けるのが着圧ソックスの働きです。血液やリンパの流れを改善して、むくみの解消につながります。

脚痩せ効果

足が太りやすくて、痩せにくいと悩む人は多くいます。それは、むくんだ足が痩せにくい原因の一つになっているのです。

足がむくむことで、さらに血液やリンパの流れが悪くなり、硬くなった脂肪の塊であるセルライトになってしまいます。

一度セルライトがついてしまうと、さらに太りやすくなり、痩せにくくなってしまうという悪循環が生まれます。

着圧ソックスはむくみの解消をして、セルライトができるのを予防してくれます。血液やリンパの流れが良くなることで代謝アップにもつながり、脚痩せ効果を得ることができます。

保温効果

着圧ソックスを履くことによって、血行が良くなり足元を温めてくれる作用があります。

また着圧ソックスによっては、保温効果を高める繊維が配合されていることもあり、足の先までぽかぽかと温めてくれます。

寝る時に「足が冷たくて眠れない」というほどの冷え性の人も、寝る時用の着圧ソックスを履けば、温かくてぐっすりと眠ることができました。と口コミで高い評価を得ています。

おすすめかつ人気のある着圧力ソックスはコレ

数ある着圧ソックスの中で、人気のあるものはやはり気になりますよね。効果もしっかりと感じられるおすすめの着圧ソックスをご紹介します。

⇛ 就寝用に特化した『2019年 最新のおすすめ 着圧ソックス』をまとめました。

着圧ソックスの人気おすすめランキング【2019年版】夜用 着圧ソックスのおすすめランキング!むくみ対策に寝るときに使いたい

⇛ 男性の方専用の着圧ソックスもありますので、メンズ用を探している人は『おすすめの男性向け着圧ソックス』を参考にしてください。

メンズ用でおすすめの着圧ソックスは何?-min男性向け着圧ソックスの選び方!メンズ用でおすすめは何?

有名な履いて寝る着圧ソックス・靴下の商品まとめ

ここではドラッグストアや楽天市場などで良く知られている、人気が高い寝る時用の着圧ソックスを見てみましょう。

寝ながらメディキュット

メディキュットと言えば、着圧ソックスで1番知名度が高いロングセラー商品です。

そのメディキュットの夜用は、寝る時用の着圧ソックスのパイオニアであり、国内シェアNo,1という人気です。足首から、21hPa、16hPa、11hPaと段階ごとにほどよい締め付けがあり、9割近くの人が、履き心地が良いと評価しています。

横に編み込んだインレイ糸で、圧がかかりながらも、やわらかい肌触りで気持ち良く寝ることができます。メディキュットは英国の医療用ストッキングがルーツで、医学に基づいた段階圧力設計になっており、より足のむくみ改善に効果的です。

色はラベンダー色で、優しい雰囲気。サイズはMとLの2サイズとなっています。

通販だけでなく、ドラッグストアやバラエティショップでも購入できます。価格はオープン価格ですが、平均1,500円~2,000円ほどで販売されています。

スリムウォーク メディカルリンパロング

メディキュットと並び、着圧ソックスで知名度の高いのがピップのスリムウォーク。スリムウォークにはいろいろな種類がありますが、その中のメディカルリンパロングは、つらいむくみをスッキリと改善してくれる、「一般医療機器」となっています。

一般医療機器とは
一般医療機器は、治療として用いられる着圧ソックスのことをいいます。加圧力が市販のものよりも高い傾向にあります。

足首から太ももにかけて、段階的に引き締めて、リンパや血液の流れを良くしてくれます。足首から18~24hPa、12~18hPa、6~12hPaとなっています。一般的な寝る時用の着圧ソックスよりもしっかりと圧がかかる設計になっています。

ライクラという、つるつるとした伸縮性のある薄めの生地で、年中使えますし、締め付けが苦しいという感じもなく快適です。サイズはS~M、M~Lの2つのサイズ展開です。価格は2,164円(税抜)です。

⇛ 市販で人気の『メディキュット』と『スリムウォーク』の比較記事はこちらです。
メディキュットvsスリムウォークの効果を比較-min「メディキュット」と「スリムウォーク」むくみに効果がよりあるのはどっち!?機能の違いを比較

スリムウォーク ふわモコ美脚プレミアム

次もスリムウォークのシリーズです。人気の高い寝る時の着圧ソックスに、ふわもこ美脚があります。名前からして女性にうけが良いのが分かりますよね。

通常の着圧ソックスにはないような、ふわふわの極上の肌触りになるように仕上げられています。そして、しっかりと足首から21hPa、16hPa、11hPaと段階圧力設計になっているので、寝ている間に、細く軽やかな足に整えてくれるのです。

テイジンの蓄熱繊維である「HEAT ENERGY」を使用しているので、+6℃の温かさを実現しています。足が冷えやすい人、寒い冬の時期にとてもおすすめです。色はかわいいピンクで落ち着いた気分でいられます。サイズはS~M、M~Lの2サイズ展開です。価格は2,462円(税込)です。

>着圧力ソックスの人気おすすめ商品を見る

男性用の着圧ソックスのおすすめはこちら

女性用の着圧ソックスが多いですが、男性だって足がむくむこともあります。

仕事で立ちっぱなし、デスクワークや車の運転で座りっぱなしなど、同じ姿勢で長時間いると筋肉量が多い男性でもむくみを感じたり、足にだるさや疲れを感じたりします。

そういった時には、男性用の着圧ソックスがおすすめです。男性用の着圧ソックスのおすすめをご紹介します。

メンズメディキュット リフレッシュソックス

女性の着圧ソックスでも人気で知名度も高いメディキュットには、男性用もあるのです。形はひざ下までの普通のハイソックスと同じように見えるので、仕事中にもいつも通り履くことができます。

足首に23hPa、ふくらはぎに17hPaと医学に基づいた段階圧力設計になっています。肌触りの良い綿混素材で、気持ち良く履くことができます。抗菌、防臭加工もしてあるので、毎日のハードワークの中で履いていても臭いをあまり気にしなくても良いでしょう。

ブラックとネイビーの2色があり、スーツとも合わせやすいですよね。サイズはMとLがあります。価格は1,280円(税込)です。

スリムウォーク段階圧力ソックス

女性に人気のスリムウォークにも、男性用があります。女性用のスリムウォークと同じように、ヨーロッパのレッグケアから生まれた段階圧力設計を取り入れています。足首に25hPa、ふくらはぎに17hPaという圧力がかかって、しっかりと引き締めてくれます。

仕事中に普通の靴下と同じように履くだけで、足の疲れやだるさ、むくみを解消してくれます。また、スポーツをする時には、パフォーマンスのサポートをしてくれます。コットン混で、抗菌防臭加工もされているので、長時間履いていても快適です。

サイズはMとLの2サイズ展開で、色は黒があります。価格は2,085円(税込)です。

SHAPERS for MEN

靴下やストッキングのメーカーでおなじみの福助の男性用の着圧ソックスがSHAPERS for MENです。男性の足を研究して作られた、こだわりの男性用の着圧ソックスです。男性の足の形にしっかりとフィットするように作られていて、一日中快適な履き心地なのです。

足首は26hPa、ふくらはぎは16hPaと段階着圧設計になっていて、脱いだ時にすっきりとした感覚や疲れのない感じが実感できます。スラックスにまとわりつかないように静電気防止加工もされていて、働く男性のことを考えて作られています。

色はグレー、ブラック、ネイビーの3種類があり、どんな服装にも合わせやすく取り入れやすいでしょう。価格は2,592円(税込)です。

もっと詳しく男性用の着圧ソックスを知りたい方はこちらを参考に。
メンズ用でおすすめの着圧ソックスは何?-min男性向け着圧ソックスの選び方!メンズ用でおすすめは何?

着圧ソックスの選び方

おすすめで人気の着圧ソックスの中から自分にあった着圧ソックスを選ぶために間違わない選び方を知っておきましょう。

サイズを選ぶ

着圧ソックスは、サイズが小さすぎると圧が強すぎてしまい、痛みやしびれを感じてしまうようになってしまいます。

そうなると足にとっては負担になり、逆効果になります。サイズが小さすぎても大きすぎても効果はありません。必ずサイズ表を確認して自分に合ったものを選ぶようにしましょう。

メーカーによっても、サイズは違います。同じMサイズだとしても、違うメーカーのものを購入する時には、毎回確認をしましょう。

圧力の数値の確認

着圧ソックスの説明の中で「hPa」と書かれているものがあると思います。hPa(ヘクトパスカル)は気圧の単位として、台風の時に良く耳にする単位ですよね。この数値はどのくらいの圧がかかっているかを示しています。

数値が高いほど締め付け力が強くなります。一般的には着圧ソックスは次のような圧力で効果が期待できると言われています。

  • 足首…20~30hPa
  • ふくらはぎ…10~20hPa
  • 太もも…5~15hPa

勘違いしてほしくないのが、圧力が強いものほど良いものというわけではありません。自分にとって締め付け感が丁度良いものを選ぶ方が大事です。無理に高い数値のものを選ばないようにしましょう。

圧力の締め方の種類

着圧ソックスは、圧力の締め方にも違いがあります。

全体的に均等に圧がかかる「均等タイプ」と、足首やふくらはぎなど部位によって圧力を変えている「段階式タイプ」とがあります。

均等タイプだと、全体的に引き締められるようになりますし、段階式タイプだと、足首から太ももにかけて徐々に圧力が小さくなるので、血液の循環が良くなりやすくなります。

段階式タイプが現在は一般的で人気ですし、むくみ解消には一番おすすめのタイプです。

日中用か寝る時用か

上でもあげましたが、着圧タイツは日中用と寝る時用と種類があります。

使用したい時間に合わせて、用途に合わせて、選ぶようにしましょう。

着圧ソックスの使い方

着圧ソックスはきちんと履かなければ、むくみの改善や脚痩せ効果などの正しい効果は得られません。

圧がかかっているので、最初は履きにくいかもしれませんが、まずはソックスを上からまとめるようにたぐりよせて、つま先とかかとを入れ込むようにします。そして、足首の位置を合わせましょう。

そこからゆっくりとシワにならないように、ひざ、太ももまで上げていきます。

この時に力いっぱい無理にひっぱると、生地に傷がつき、穴が開いてしまいます。また足に水分がついていると、余計にすべりにくくて履きにくいので、水分はしっかり拭き取ってから履きましょう。

> 着圧力ソックスの人気おすすめ商品を見る

よくある質問

着圧ソックスを購入する時や履く時に、よくあげられる質問への回答をまとめてみました。とくに初めて買おうと考えている人は参考になりますよ。

ダイソーや100均の着圧ソックスはどうですか?

最近はダイソーやセリアなどの100均ショップにも着圧ストキングが販売されています。ダイソーでも数種類の着圧ソックスが販売されていて、日中用と寝る時用のものと種類もあります。

100均の着圧ソックスは圧のかかるソックスにはなりますが、ふくらはぎ全体に一定の圧がかかるものなので、足の部位によって圧がかかるバランスを考えられているものではありません。

価格が高いものが必ずしも良いものとは限りませんが、価格には理由があります。素材や縫製、圧のバランスなどをこだわって作っていると、ある程度の金額がかかるので効果が現れやすい傾向にあります。

脚痩せやむくみの改善などの効果をしっかりと感じたい人は、やはり100均のものよりも他のものを選ぶ方がおすすめです。

弾性ストッキングと着圧ソックスは違うもの?

弾性ストッキングは、医療用の着圧ソックスです。市販のものと比べると着圧が強い分、効果も高いとされています。ただ、その分自分に合ったものを選ぶ必要があり、病院で相談して使用する方が良いでしょう。

下肢静脈瘤という血管の病気の改善や予防にも効果があると言われています。弾性ストッキングは通販で販売されてはいますが、自己判断で購入しない方が良いでしょう。

着圧ソックスを着用後に跡が付くのはむくみが原因?

着圧ソックスを脱いだ時に、生地の模様がくっきりついている場合は、むくんでいることも考えられますが、サイズが合っていないということも考えられます。

サイズが合っていない場合は、むくみに関係なく圧がかかり過ぎて跡が残ってしまいます。跡が残りにくいように、締め口のゴムが弱いものもあります。そして、あまりに跡が残るようであれば、サイズを変えてみたり、違う着圧ソックスに変えてみたりしても良いでしょう。

着圧ソックスを履くとかゆいのはなぜ?対策はある?

着圧ソックスを履いていてかゆみが出るのは、締め付け感が強すぎる、長時間履きすぎて蒸れてしまって肌がかぶれてしまっている、というのが考えられます。

かゆみがある人は、圧が強すぎるものを選ばないようにしましょう。そして素材も速乾性のあるような蒸れが少ない素材のものを探しましょう。

何足くらい買っておくと毎日使うのに便利ですか?

着圧ソックスは、毎日履いていると良いので、最低でも2枚は必要になります。洗い替えや長持ちをさせることを考えると4~6枚くらいあると安心です。

着圧ソックスがおすすめの人

着圧ソックスの効果やおすすめの商品についてご案内してきました。着圧ソックスがおすすめの人は次のような人です。

脚痩せがしたい人

ダイエットをして体重が落ちたとしても「足だけが痩せない」という経験がある人は多いはず。着圧ソックスの効果には、脚痩せ効果があります。血液やリンパの流れを良くすること代謝がアップし、脂肪燃焼しやすくなります。そして、むくみの改善にもなります。

足が痩せにくく、むくみで太って見えてしまう人には着圧ソックスがサポートになってくれるでしょう。

妊娠中の人

妊娠中の人に多く見られるむくみ。ホルモンバランスの変化や体型の変化などによって、今までむくみを感じなかった人でも、足がパンパンになってしまうという人もいます。妊娠中は、足のマッサージを自分ですることも困難なので、着圧ソックスおすすめを履くと良いですよ。

飛行機や長距離バスに乗る時

長時間同じ体勢をとっていると、足の血液循環が悪くなってしまい、足がむくんでしまいます。飛行機だと、気圧の変化によっても影響が及んできます。

また長時間の同じ体勢は、最近は良く聞かれるようになりましたが、「エコノミー症候群」にもつながります。エコノミー症候群は、足の血流が悪くなり、静脈に血栓ができることが原因で、最悪の場合は死に至ることもある怖い症状です。そういったむくみやエコノミー症候群を防ぐためにも、着圧ソックスは役立ってくれます。

長時間同じ体勢での仕事が多い人

立ちっぱなし、座りっぱなしで仕事をしている人は、むくみを感じやすくなります。そういう人にも着圧ソックスはおすすめです。看護師さんや飛行機の客室乗務員の人達が愛用していることは、良く知られています。

もちろん、家事や育児でも足が疲れやすいと感じる人は、着圧ソックスを履いてみるのもおすすめです。

>着圧力ソックスの人気おすすめ商品を見る

自分に合った着圧ソックスを履いてみよう

着圧ソックスの効果やおすすめ商品をご紹介しましたが、それぞれの効果の違いがある理由は分かっていただけたでしょうか?また、おすすめの商品の中には、気になる着圧ソックスはありましたか?

着圧ソックスにはいろいろな種類がありますが、正しく履くことで、むくみを改善したり、脚痩せ効果が見られたりします。

それぞれの商品によって、圧のかかり方が違ったり、形が違ったりすることで効果にも差ができてきます。人によってむくみの具合も違うので、自分に合った着圧ソックスを見つけることが大切です。

圧がきつければ効果が高いというわけでもないですし、毎日履き続けられるような履き心地の良い着圧ソックスを見つけるのがおすすめです。着圧ソックスでむくみのないすっきりとした美脚を目指しましょう。