加圧 「ソックス」「レギンス」「タイツ」の違いとは?機能を比較した結果の使い分け方

加圧 「ソックス」「レギンス」「タイツ」の違いとは-min

なんだか脚が重い、だるい、パンパンに太くなるなどの悩みをお持ちの女性は多いはずです。それは脚が「むくんでいる」状態です。いらない水分や老廃物が溜まってしまっているのです。

そこで、むくみ対策には「加圧ソックス・レギンス・タイツ」が役立ちますよ。しかし、どれをどのように選べば良いのか、迷ってしまいます。それぞれの機能を比較して、おすすめをご紹介します。

⇛ 足がだるいときの対処方法まとめはこちらです。足のむくみ、だるさを取る方法は着圧ソックスに限りません。

足がだるいときに試したい対処法-min眠れないほど足がだるいときに試したい対処法

加圧「ソックス」「レギンス」「タイツ」の違いを比較

脚のむくみ対策に効果があるとして、一般的になってきている「加圧ソックス、加圧レギンス、加圧タイツ」。

ドラッグストアから下着ショップなど、いろいろなところで販売されています。では、それぞれにどのような違いがあるのでしょうか?メリットやデメリットから違いを比較してみます。

加圧ソックス

メリット

加圧ソックスには、「ひざ下」や「ひざ上」など様々な長さのタイプがあります。

着圧ソックスはレギンスやタイツに比べて履きやすく、脱ぎやすいのでお手軽感があります。ズボンの下でも履きやすくて便利です。

飛行機に乗った時にだけ、仕事中に机に座っている時だけというようにその時だけ履くということが可能です。

デメリット

着圧ソックスのデメリットは、レギンスやタイツのように脚全体やヒップ、腰周りを加圧することができないので、太ももやヒップの対策ができません。

そのため、ひざで血液やリンパの流れが止まってしまうような感覚になるという人もいます。

着圧ソックスの効果とおすすめ商品-minなぜ商品によって効果が全然違う?着圧ソックスの効果とおすすめ商品はコレ

加圧レギンス

メリット

加圧レギンスは、足首から太もも、ヒップ、ウエスト部分までケアをすることができます。

骨盤までサポートできる商品もあるので、下半身全体的にケアをすることができます。足先が空いているオープントゥータイプ、足首までのタイプというような形なので、足裏や指が蒸れにくく、動きやすくて快適です。

デメリット

加圧レギンスのデメリットは、お腹やヒップまで圧がかかるようになるので、最初は履きにくさがあったり、苦しく感じる場合があります。

しかも「すぐに脱ぎたいと思っても、なかなか脱ぐこともできません。」

また、足先が冷える(冷え性)人だと、寒く感じることもあります。

加圧タイツ

メリット

レギンスと同じように、下半身全体を覆うので、足先からウエスト部分までしっかりとケアをすることができます。

そして加圧タイツなら足先まで生地があり温かいので、保温効果は一番高くなります。冷えが気になる人は、温かく過ごせるのでおすすめです。

デメリット

加圧タイツのデメリットは、足先まで下半身全てを覆っているので、蒸れやすくなります。

夏の日中は履きにくいでしょう。通気性の良いものや、速乾性のあるものを選ぶ必要があります。

またレギンスと同じように着脱しにくいのもデメリットとなります。

着圧タイツの効果とおすすめ商品-min着圧タイツの効果でより美しい美脚に!着圧タイツの効果とおすすめ商品

加圧ソックス・レギンス・タイツの共通の効果

加圧ソックス・レギンス・タイツは、それぞれの形やメリット・デメリットの違いがありますが、目指す効果は共通しています。

履くことによってどのような効果が期待できるのでしょうか?

むくみ解消

むくみは、水分や老廃物が溜まってしまい、外に排出できなくなっている状態です。

通常は、筋肉によるポンプ機能が働いて血液やリンパを流しています。しかし、立ちっぱなし、座りっぱなしなどで同じ姿勢を長時間とっていると、血液もリンパも滞ってしまいます。そうなると、むくみやすくなるのです。

そこで、加圧商品は足首からふくらはぎ、太ももにかけて徐々に圧をかけることで、血液やリンパの流れを良くして、むくみ解消につなげるのです。

脚痩せ効果

ダイエットをしても、脚が痩せにくいという女性は多いはずです。それは、脚のむくみが原因となっていて、むくむことでセルライトができやすくなってしまうからです。

セルライトは硬くなった脂肪の塊のことで、脂肪燃焼がしにくくなっています。

加圧商品によってむくみが解消されれば、セルライト予防にもつながるので脚痩せ効果も得られます。血流が良くなることで、基礎代謝も上がりやすくなります。

冷え性対策

女性は足先の冷えが悩みという人も多いでしょう。それは、血液が末端まで行き届いていないことで起こります。

加圧されることで、血行が良くなれば、足先がポカポカとし冷え性を改善することができます。

また、素材的に保温効果の高いもの、厚みがあるものもあり、冷え性を改善したいという人は素材も気にしながら選ぶと良いでしょう。

⇛ もっと詳細に着圧ソックスの効果について知りたい人はこちらの記事がおすすめです。

着圧ソックスの効果とおすすめ商品-minなぜ商品によって効果が全然違う?着圧ソックスの効果とおすすめ商品はコレ

加圧ソックス・レギンス・タイツの使い分けの仕方

加圧ソックス・レギンス・タイツのそれぞれはどのように使い分けるのが良いのでしょうか?

夜(寝る時に使うには)おすすめのもの

夜に使う時には、必ず「夜用」「寝る時用」という商品を選ぶようにしましょう。

夜用は、通常のものよりも、加圧力が弱めに作られていて、横になって寝ていても血液循環が良くなるような設計になっています。

通常の加圧商品を履いて寝てしまうと、圧迫感が強く睡眠の質が下がってしまったり、血液やリンパの流れが悪くなり代謝が下がったりしてしまう可能性があるのです。

夜用のものは、オープントゥータイプのソックスやレギンスがほとんどです。ソックスも太ももまであるタイプものもあります。足先が蒸れず、快適に眠れるようになっています。

就寝用におすすめは、着圧ソックスやレギンスです。1番良いのは『着圧ソックス』になります。

⇛ 就寝用におすすめの着圧ソックスをランキングにまとめました。特殊生地を使用したものや加圧の仕方が優れているものから選ぶと効果に満足できると思います。

着圧ソックスの人気おすすめランキング【2019年版】夜用 着圧ソックスのおすすめランキング!むくみ対策に寝るときに使いたい

寝ながらメディキュット フルレッグ

夜用加圧ソックスの中で、一番知名度も高く、人気なのが寝ながらメディキュットです。フルレッグは、太ももの付け根まであるロングソックスで、脚全体をケアしてくれます。ラベンダー色がかわいく、寝る時に安心感を与えてくれます。程よい圧がかかっていて、目覚めた時の脚がスッキリしているのが実感できますよ。

履き口は幅広のリブになっていて、寝ている間にずれ落ちる心配のない設計になっています。素材も柔らかく、寝苦しさもありません。足先が空いているので、蒸れる心配もなく快適です。価格は1,980円(税込)です。

スリムウォーク おやすみ美脚美尻スパッツ

スリムウォークも、加圧ソックスで有名な人気の高いブランドです。おやすみ美脚美尻スパッツは、骨盤まで包み込んでくれ、独自のナイトヒップブラ設計でヒップアップも目指せます。美脚リフト構造で、脚を細く、美しく整えてくれるのです。

お腹周りは、幅広くちゴムが使用されているので、食い込むこともなく快適に眠ることができます。ふんわりした素材でつま先が空いているので、蒸れることもありません。寝ている間に、脚もヒップも美しく整えられるのは嬉しいですね。価格は2,510円(税込)です。

メディキュットvsスリムウォークの効果を比較-min「メディキュット」と「スリムウォーク」むくみに効果がよりあるのはどっち!?機能の違いを比較

昼(日中使うには)おすすめのもの

日中用は、夜用に比べると、圧がしっかりとかかる設計になっています。

それぞれのライフスタイルやファッション、好みに合わせてソックス、タイツ、レギンスを選ぶようにしましょう。

ズボンの下に履く時

おそとでメディキュット ハイソックス

ズボンの下に履く時には、ソックスが履きやすいでしょう。ソックスタイプでは定番中の定番である、メディキュットはやはりおすすめです。黒いソックスは普通のハイソックスと同じように履くことができるので、ズボンの下だけでなく、もちろんスカートの下でも履くことができます。

つま先部分は締め付け過ぎず、足首からふくらはぎまでに加圧がされているので、1日中脚を引き締めていることができます。抗菌防臭加工されているので、外出先でも安心です。価格は1,728円(税込)です。

おうちにいる時に

スリムウォーク メディカルリンパショート

おうちで疲れた脚をケアしたい時には、いつもよりしっかりと圧をかけてケアができるものもおすすめです。スリムウォークメディカルリンパショートは、足首からふくらはぎにかけて、強めの圧をかけて、リンパケアができるソックスです。スリムウォークシリーズ最大級の圧がかかっています。

足裏も刺激するような設計で、気持ち良いのも嬉しい。ふくらはぎ部分のリンパをしっかりと流し、血行促進してくれます。つま先が空いているので履きやすく、家にいる時にはリラックスもできます。痛いくらいにむくんでしまう人におすすめです。価格は2,404円(税込)です。

飛行機に乗る時に

ドクターショール フライトソックス

ドクターショール フライトソックス M 男女兼用

ドクターショール フライトソックス M 男女兼用

1,304円(04/18 12:18時点)
Amazonの情報を掲載しています

飛行機に乗る時は、気圧の変化やじっと動かずに座りっぱなしになることなどで、脚のむくみが気になってきます。そこで着脱もしやすい加圧ソックスを履くことはおすすめなのです。圧の強すぎないものが良いでしょう。エコノミークラス症候群の予防にもなります。

メディキュットでおなじみのドクターショールのフライトソックスは、英国航空健康協会に認定されており、飛行機用にできているので安心です。コットン風の柔らかい素材で、長時間履いていても苦しくありません。価格は2,160円(税込)です。

冬の寒い時

スリムウォーク 美脚タイツあったか満足ストレスフリー

冬の寒い時には、足先まで隠れるタイツタイプのものがおすすめです。そして、素材も保温効果を高めるものでできていると良いでしょう。スリムウォーク 美脚タイツあったか満足ストレスフリーは、吸湿発熱加工がされているので、+8℃の温かさを実感することができます。

冷えやすいお腹周りは120デニールと厚めの生地で温かく保ってくれます。美脚リフト構造で、脚はしっかりと加圧されているので、細く美しく見せてくれます。消臭繊維を使用しているので、臭いも気になりません。価格は980円(税込)です。

おしゃれを楽しみたい時に

ライザップ 着圧レギンス

ワンピースの下にレギンスを合わせるのが好きな方もいますよね。そういった時にも加圧タイプのレギンスだと、おしゃれを楽しみながら、美脚を目指すこともできます。今、結果にコミットすることでおなじみの「ライザップ」が企画し、下着や靴下などで有名なグンゼによって作られた、着圧レギンスが話題です。

履いて歩くことでカロリー消費がアップするような着圧設計になっていて、脚のラインも美しく見せてくれます。幅広ストレッチウエストで、締め付けが苦しくないので楽にはくことができます。スポーツをする時にもおすすめです。価格は1,620円(税込)です。

夏に履く時

グンゼ ビューティーシェイプ 着圧ストッキング

夏には、涼しく履くことができるストッキングがおすすめです。グンゼのビューティーシェイプ着圧ストッキングは、薄い生地でもパワフルな圧で、ほっそりと美脚に見せてくれます。

バランスの取れたトリプルアクション設計で、立ち仕事をしていても疲れにくいのです。着脱もしやすくヒップもきれいに包み込んでくれ、つま先も痛くなりにくいというのは、ストッキングで有名なグンゼならではの設計です。色は使いやすい4色から選べます。価格は1,880円(税込)です。

加圧ソックス・レギンス・タイツを選ぶ時の注意点

加圧ソックス・レギンス・タイツのおすすめをご紹介しました。むくみを解消し、美脚が目指せるのですが、注意しなければ効果を感じられないこともあります。

正しいサイズを選ぶ

加圧商品を選ぶ時に、「きつく締め付けている方が効果的」と思って、小さめのサイズを購入する人がいます。

しかし、それは大きな間違いです。小さすぎるサイズだと、血管やリンパを圧迫してしまい、逆にむくみやすい状態になってしまいます。

サイズはS・M・Lなどと表記されていますが、メーカーによっても大きさは異なります。目安となる、ふくらはぎや足首、ウエストなどのサイズが表記されているはずなので、自分に合ったサイズを選ぶようにしましょう。

正しく履く

加圧商品は正しく履けていない場合も、効果が薄れてしまいます。

圧がかかっているので、履きにくい場合もあるのですが、ゆっくりとつま先からかかと、足首、ふくらはぎと位置を合わせながら、少しずつ履くようにしましょう。

また、二重に重ねて履いたり、上の部分を折り返して履いたりしないようにしましょう。

無理をしない

加圧商品を履いた時は、慣れない時には苦しく感じる場合もあります。

無理に履いていると、気分が悪くなるということもあります。最初は履いている時間を短くして、無理のないように継続してみましょう。そして、かゆみや赤みが出るなどで肌に合わない時にも、使用を止めて肌の様子を見ましょう。

また、血管系の病気(動脈硬化、心不全など)や糖尿病のある人は症状を悪化させるリスクがあります。そういった場合は担当の医師に必ず相談するようにしましょう。

加圧ソックス・レギンス・タイツを上手に使い分けよう

加圧ソックス・レギンス・タイツのような加圧商品は、脚のむくみ対策や脚痩せ効果、冷え性対策に効果的です。それぞれの形でメリットデメリットに違いがありますが、使い分けをすることで、快適に過ごすことができます。

夜と昼、季節、目的、好みなど、ライフスタイルに合わせて選びましょう。自分に合ったものを選ぶことで、すっきりとした脚を保つことができますよ。