着圧ソックスの医療用とは普通のとどう違う?医療用と市販の着圧ソックスの違い

医療用と市販の着圧ソックスの違い-min

足の疲れやむくみの解消や予防に、着圧ソックスを使っている人は多いのではないでしょうか?最近では、ドラッグストアやバラエティショップなどでも多く取り扱いされています。

そこで着圧ソックスには市販で売られているものとは別に、医療用のものがあるのをご存知でしょうか?医療用と市販のものとでは、どのような違いがあるのでしょうか?2つの違いをご紹介します。

医療用と市販の着圧ソックスの違い

圧がかかっている着圧ソックスには、私達が良く見る着圧ソックスと、医療用のものとがあるのです。医療用のものは、「弾性ストッキング、弾性ソックス」と言われています。どのような違いがあるのでしょうか?

目的

医療用の着圧ソックスである弾性ソックスは、病気の治療や予防のために用いられます。下肢静脈瘤の改善や予防、妊娠中や出産後のむくみの改善などがあげられます。血液やリンパ液のうっ滞を軽減させたり、静脈還流の促進をしたりすることが目的です。

市販の着圧ソックスでは、治療目的では使用できません。ただ、むくみの改善や予防に効果があります。その他には美脚を目指すためヒップアップ効果があるストッキングや、骨盤矯正機能が付いたものなど、バラエティに富んでいます。

圧力

医療用と市販のものとを比べて一番分かりやすいのが、圧力の差です。医療用ものの方が圧が強めでしっかりとリンパや血液を流すように設計されて作られています。市販のものの約2倍ほどの圧迫感があるものもあります。

価格

市販の着圧ソックスはだいたい1,000~8,000円くらいで購入できますが、医療用になると、5,000~20,000円くらいと高くなります。ただし、平成20年から医師の指示に基づいて購入すれば、リンパ浮腫治療のためということで療養費支給申請をすることができるので、自己負担が少なくなります。

耐久性

医療用のものは特殊な編み方をしていたり、素材の耐久性が強いものだったりするので、着圧が落ちにくく、耐久性が強いものが多くなります。それに比べて、市販のものは圧が弱い分、早く伸びてしまうものもあります。

医療用の着圧ソックスがおすすめの人

医療用の着圧ソックスは、静脈瘤の予防や改善がしたい、激しいむくみで足が痛みやだるさがあるという人におすすめです。ただし、自己判断をせずに、医師に相談してから購入しましょう。医師が足首やふくらばぎ、太ももなどのサイズを確認したり、症状を見たりしながら、圧力の強さや形(ソックスやタイツ)を選んでくれます。

市販の着圧ソックスがおすすめの人

立ちっぱなし、座りっぱなしの仕事をしていて足がむくんで辛い、足痩せがしたいという人におすすめです。価格も手頃なので、購入しやすいですし、いろいろなバリエーションの中から選ぶことができます。

医療用の着圧ソックスを履く時の注意点

医療用の着圧ソックスを履く時には注意することがあります。

サイズ選び

医師に処方される場合は、適切な強さやサイズ、長さのものを提案してくれます。しかし、自分で購入する時にはサイズ選びに気を付けましょう。小さめのもので、圧迫するのが良いと思う人もいるのですが間違っています。サイズが合っていないことで、圧が正しい位置にかからなくなるので、逆効果になってしまいます。

自分でネット購入する時にはサイズをきちんと測って、自分に合ったものを購入するようにしましょう。

正しく履く

医療用の着圧ソックスを履く時には、圧が強いため履き方も気を付けなければなりません。正しく履けていなければ、効果が出にくくなります。かかと、足首、ふくらはぎ、太ももなど、位置を正しく合わせて履くようにします。シワができないように調整を行うようにしましょう。

最近は着圧ソックスの知識のある医師や看護師が多いので、履き方のコツを相談して教えてもらうもの良いですよ。

医療用の着圧ソックスのおすすめのメーカー

医療用の着圧ソックスもいろいろな種類があり、ネット販売もされています。おすすめをご紹介します。

ベノサン

ベノサンのスイス製の医療用の弾性ソックスで、品質は世界標準です。多くの病院や医療機関で使用されています。今までの着圧ソックスにはない強い圧力によるフィット感や効果が得られると高評価を得られています。

こだわりの素材が使われており、通気性や防湿性、保温効果などがあり、長時間履いていても肌に負担がかかりませんし、蒸れも気になりません。耐久性にも優れているので、毎日履いていても、長持ちするのです。一つ一つが丁寧に手作業で作られていますし、ファッション性も優れています。ベストセラーのベノサン5000という、オープントゥーのソックスは、16,200円(税込)と高価ですが、むくみへの効果が実感できるものなのです。

グンゼ レッグサイエンス

グンゼは日本の下着やストッキングなどで有名なメーカーです。そのグンゼのレッグサイエンスは、日本人の体型に合わせて設計した、弾性ストッキングです。グンゼならではの長年の技術によって、肌触りも良く、履きやすくできています。丈夫なのも嬉しいところです。

日本人のことを考えて作られているので、ぴったりとフィットして、リンパや血液のうっ滞を改善してくれます。色はブラック、ベージュ、ホワイトとあり通常のソックスと同じように使うことができます。価格は3,888円(税込)と医療用着圧ソックスにしてはお手頃な価格なので、始めやすいですよね。

医療用と普通の着圧ソックスを使い分けよう

医療用の着圧ソックスは、治療として病院でも使用されているものです。圧が強めにできていたり、耐久性が強くできていたりするのです。激しいむくみがある人や、下肢静脈瘤の予防や改善などをする人に、医療用の着圧ソックスは向いているでしょう。

ただ、履きにくかったり、価格が高かったりするデメリットもあります。ですので、一日の足のむくみを改善してすっきりしたい、足が痩せたいというような人には、普通の着圧ソックスで十分効果があります。

医療用か普通のものかは自分に合ったものを選んで購入するようにしましょう。むくみが激しい人は一度医師に相談してみるのがおすすめですよ。着圧ソックスを上手に活用すると、むくみのないすっきり足を目指せます。