服の脇部分がスゴく臭う!どうすれば臭く無くなるの?対処方法

脇の部分の匂いを取り除く方法-min

服を着ている時に「脇の部分が臭う!?」と感じることはありませんか?脇は汗もかきやすいですし、臭いも気になりますよね。洗濯すれば大丈夫と思っていても、脇に独特の臭いが残ってしまうこともあるのです。

一度ついてしまった服の脇の臭いはどのようにすればとれるのでしょうか?また、脇の臭いがつかないようにするための方法も一緒にご紹介します。

服に脇の臭いが残る理由

服を洗うと臭いも落ちるように思いますよね。しかし、洗濯をしても残ってしまう臭いもあるのです。どうしてなのでしょうか?

アポクリン腺からの汗

脇の汗はエクリン腺とアポクリン腺から出る汗があります。臭いの原因になるのは、アポクリン腺から出る汗です。アポクリン腺から出る汗は、タンパク質や脂質などの水分以外の成分が含まれています。皮脂と合わさることで酸化したり、雑菌が繁殖したりすることで、独特の臭いとなるのです。

これらの臭いの原因となるものが、通常の洗剤では落ち切れず、服が臭ってしまうのです。最近は香りの強い柔軟剤も増えていますが、柔軟剤で香りを付けたとしても、元の臭いの原因が残っていれば、服から臭いが発生してしまうのです。

服の素材

服の素材によっても臭いが残りやすいもの、そうでないものがあります。ポリエステルのような化学繊維の服は、臭いが残りやすいのです。汗をかいても、乾きやすくてサラサラしているように感じるのですが、汗は吸収されにくいので、皮膚の表面に汗が残りやすくなります。そうなると、雑菌も繁殖しやすく臭いが発生しやすくもなるのです。

冬にも発熱性のあるような温かいインナーが人気ですが、それも化学繊維からできています。温かくなることで汗をかき、そのまま蒸れてしまい臭いが残ってしまうということもあるのです。

服の脇部分の臭いを消す方法

服の脇の部分に残ってしまった臭いを消すには、どうすれば良いのでしょうか?

酸素系漂白剤を使う

酵素系漂白剤は、液体タイプのものと粉末タイプのものとがあります。粉末タイプの方が洗浄力が高いのでおすすめです。30~40度くらいのぬるま湯で使うと効率よく臭いを消すことができます。

漂白剤の量は、それぞれの商品で容量を確認しましょう。衣類を30分から1時間くらい、漂白剤を溶かしたお湯にひたし、軽く絞ります。その後はいつも通り洗濯機で洗います。長くつけすぎると、衣類を傷めてしまうので気を付けましょう。

シャボン玉せっけんの「酸素系漂白剤」や花王の「ワイドハイターEXパワー粉末タイプ」がドラッグストアやスーパーなどで購入することができます。

重曹につけおき

重曹には皮脂汚れを落とす効果、消臭効果があります。洗面器に30~40度のお湯を入れ、小さじ1杯ほどの重曹を溶かして服をつけおきします。30分ほど置いたら、軽く絞っていつもと同じように洗濯をしましょう。

ただし、麻などの天然素材のものは変色してしまう可能性があるので、使わないようにしましょう。

脇の臭いがつかないようにするための方法

服の脇部分に臭いがついてしまう前に予防をすることもできます。日頃から気を付けておきましょう。

服の生地を見直す

最初に紹介しましたが、服の素材によっても臭いが残りやすくなってしまいます。ポリエステルのような化学繊維は軽かったり、乾きやすかったりするので重宝されるのですが、臭いのことを考えると、綿や麻のような天然素材のものおすすめします。

天然素材の服は、通気性や吸水性に優れているので、蒸れにくく、臭いの原因となる雑菌の繁殖を抑えてくれるのです。100%天然素材というものがベストですが、服のデザインによっては難しくもなります。なるべく化学繊維が高配合されていないものを確認して服選びをしてみましょう。

脇汗パッドを使用する

脇は汗をかきやすいため、脇汗を対策するグッズもいろいろ販売されています。その中で、使い捨ての脇汗パッドは、テープで服やインナーに直接貼り付けて使用します。気になる時につけて、そのまま捨てられるので臭いが服に残る心配がありません。

制汗剤を使用する

制汗剤はいろいろなタイプのものが販売されています。次のようなものがあります。

  1. スプレー
  2. クリーム
  3. ミスト
  4. スティック
  5. ロールオン
  6. シート

制汗剤には、臭いの原因となる菌の繁殖を防いだり、発汗をブロックしたりする働きがあります。自分が使いやすいと感じるものが良いですが、効果が高いものは、クリームタイプのようにしっかりと密着するものでしょう。

汗をかいてしまった時には、シートタイプのものでこまめに拭き取って清潔な肌にしておくことも有効です。

生活習慣を見直す

脇の汗の臭いは、生活習慣を見直すことでも改善されます。脇の臭いが少なくなれば、服に臭いが付くこともありません。

ストレスを溜めない

ストレスが溜まると、アポクリン腺が活性化されてしまいます。また、自律神経の乱れから汗の量が増えてしまうということもあります。ストレスを発散できるような時間を作り、リラックスできるようにしましょう。

食生活を見直す

脂っこいものや肉のような動物性タンパク質が多い食事は、体臭がきつくなる傾向にあります。アルコールの飲み過ぎも良くありません。野菜が多く、ヘルシーな和食を心がけると良いでしょう。

運動をする

こまめに発汗をしていると、老廃物の排出ができるので臭いを抑えることができるようになります。軽めの運動をして、発汗をする習慣があると良いでしょう。適度な運動はストレスの発散にもなります。

清潔に保つ

雑菌の繁殖を抑えるためには、清潔に保つことが大切になります。汗をかいた時にはこまめに拭いて、お風呂ではしっかりと洗いましょう。しかし、臭いが気になる部分だからといって、脇をゴシゴシとこすり過ぎてはいけません。

洗いすぎて乾燥してしまうと、逆に皮脂を多く分泌してしまうことにもなります。優しく洗うように心がけましょう。そして、すすぎ残しのないように、しっかりと洗い流しましょう。

脇の黄ばみをとる方法

白い服だと、臭いがするのと一緒に黄ばみが気になるということもあります。黄ばみは、皮脂が酸化して付いたものです。黄ばみがあるのは、気になりますよね。脇の黄ばみはどのようにすればとれるのでしょうか?

重曹+食器用洗剤

ここでも重曹は油汚れを落とすという特性が活躍します。そして、こびりついた黄ばみ汚れを分解するためには、食器用洗剤と混ぜることで、効果がアップするのです。

まずは重曹と食器用洗剤を1:1の割合で混ぜてペースト状にします。黄ばみのある脇の部分にたっぷりと塗り込みます。軽くこすりつけるようにして、5~10分ほど放置して、いつも通り洗濯をしましょう。

セスキ炭酸ソーダ

セスキ炭酸ソーダはアルカリ性で、油汚れを落としてくれる効果が強いことが知られています。汗や皮脂に強く、消臭効果も高いのです。

洗面器に小さじ1杯のセスキ炭酸ソーダと40~50度くらいのお湯を入れて、しっかりと溶かします。洗面器に服を入れて、黄ばんでいる部分を歯ブラシでたたくようにして洗います。5~10くらいそのままつけおきをしてから、いつも通りの洗濯をします。

服の脇部分の臭いには適切な対処をしよう

せっかく洗濯をしたのに、脇の部分が臭っているのは嫌ですよね。独特な臭いは周りに迷惑を与えてしまうことにもなります。脇の臭いは皮脂や雑菌が染み付いているので、通常の洗濯では落ちきらないこともあるのです。

酵素系漂白剤や重曹を使って、しっかりと皮脂の汚れを分解するようにしましょう。そして、服の脇部分に臭いがつかないようにする方法もあります。日頃から気を付けてみることで、毎日快適に過ごすことができるようになりますよ。

めちゃめちゃお得なお試し商品が出ました!

お試し商品のおすすめポイント

  • 脇用で1番人気のデトランスαとデオエースの2つが一気に試せる
  • よくある定期購入ではなく純粋なお試しキャンペーン
  • 2つの気になるデオドラントクリームが2,900円!

期間限定の突発イベントのため、以前から「デトランスα」や「デオエースEX」が気になっていた方は特におすすめです!

デトランスαとデオエースEXのお試しキャンペーン > お試しキャンペーンを今すぐみる!

ワキガの人に選ばれているおすすめ商品-min【最新のワキガ対策】脇の臭いが気になる人に選ばれているケア商品ランキング