洗濯しても服が汗臭い!衣類に染み付いた汗の臭いを取る方法

衣類に染み付いた汗の臭いを取る方法-min

服が汗臭い人必見!衣類に染み付いた汗の臭いを取る方法

衣類が汗臭い場合は、衣類に細菌が繁殖してしまっている状態です。

菌が繁殖してしまっているので、普通に洗濯をしただけでは臭いをとることはできません。

だからといって捨ててしまうのは、もったいないですよね。

いつもの洗濯にプラスするだけで、簡単に衣類の臭いを取る方法を教えます。

1.洗濯をする前につけ置きする

汗をかいた服は30分から、1時間ほど、つけ置きすると良いです。

重曹や酸素系漂白剤を使うとより効果的に、衣類の汚れを落とすことができます。

つけ置きに使う水は、水1リットルに対し、重曹小さじ5杯分を目安にするといいでしょう。

また、酸素系漂白剤はお湯を使わなければ効果が得られないので、必ずお湯を使用して下さい。

酸素系漂白剤は、多く入れることで効果がるわけではありません。

商品に記載している容量を守って使用してください。

しっかり溶かして、臭いのある部分がしっかりつかるように、つけ置きすることが大事です。

2.汗を服にしみこませないため、すぐに洗う

洋服を脱いでから洗濯するまでの時間はどのくらいですか。

洗濯かごに入れっぱなしにし、数日後まとめて洗濯する人もいるでしょう。

汗をかいた衣類をそのままにしておくと、菌が繁殖し臭いの原因になります。

洗わず放置された衣類は、どんどん汗と汚れが染み込んでいきます。

汗と汚れによって、繁殖した菌が布の奥深くまで入りこみ、衣類の臭いがとれにくくなるのです。

汗をかいた日の衣類はすぐに洗濯しましょう。

3.予洗いが必要

着た衣類の汗をかいた部分(脇、襟首など)は、洗濯前に石けんで予洗いすると、汚れ落ちがアップします。

汗汚れの落ちが良くなると、おのずと臭いの落ちも良いです。

臭いの原因は、皮脂、垢、汗など、弱酸性のため、弱アルカリ性の石けんで予洗いすると、弱酸性の汚れは落ちやすくなります。

4.すすぎはしっかりと

洗剤のすすぎ残しが臭いの原因になっている場合があります。

洗濯機の短縮モードは、洗う時間が短く、すすぎが1回になっていることが多いです。

洗いやすすぎが足りない可能性があります。

時間がなく、洗濯を短縮モードにしている人は注意が必要です。

5. できるだけ日光に当てて乾かす

衣類は生乾きの状態では菌が繁殖しやすく、嫌な臭いの発生を招きます。

できるだけ早く衣類を乾燥させることが大事です。

やむなく部屋干しにする場合は、洗濯物と洗濯物の間に、空気が十分通るように干しましょう。

除湿機やエアコンの衣類乾燥モードを使うことも、部屋干しの洗濯物を早く乾かすために有効な手段です。

天気がいいときは、日光に当てると抗菌作用があるので、日光に当てて乾かすことをおすすめします。

すぐにできる!くさいニオイを消すなら消臭スプレーがおすすめ

衣類の臭いは外出先や仕事中にも起こります。

乾いているときは気にならなかった臭いが、水に濡れることで発生することもあり不快ですよね。

着替えることもできず、洗濯もできない状況のとき、活躍してくれるのが消臭スプレーです。

消臭スプレーは、片手で手軽に使用でき場所もとりません。

会社のロッカーに常備しておくと、臭いの応急処置ができ便利です。

各メーカーからいろいろな消臭スプレーが発売されており、どれを選んだら良いか迷います。

衣類の臭いを消臭したい場合は、除菌や抗菌効果の強いものを選ぶと良いです。

使いやすさも考慮したうえで、おすすめの消臭スプレーを紹介します。

トップ ハイジア除菌・消臭スプレー

トップ ハイジア 除菌・消臭スプレー 本体 350ml

トップ ハイジア 除菌・消臭スプレー 本体 350ml

300円(12/12 05:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

口コミNO1の評判の良さ

インターネットでの口コミの評判が良い商品です。

あまりの評判から、興味を持って使いはじめ、使い続けている人が多くいます。

スプレーするだけで、繊維の奥の原因菌を除去し、菌の増殖を抑える、ダブルの菌対策がなされている商品です。

殺菌、消臭効果がある天然ハーブの、ティーツリーオイルが配合されています。

トップ ハイジア除菌・消臭スプレーの口コミ・レビュー

  • 評判通り。消臭効果は今までで1番。
  • 少し甘い良い香りがします。消臭効果もバッチリです。
  • 洗濯しても臭いが、布の奥に残っていると感じるタオルや枕カバーにスプレーして、数時間おいてから、洗濯したら、臭いが感じられなくなりました。

ノンスメル 清水香[ホテル仕様]

業務用から生まれた優れた消臭力

この商品はホテルの客室やタクシーの中などの、独特の臭いを消臭するため、業務用としてプロのみに使われていました。

プロのみが使っていた、業務用の消臭力はそのままに、家庭用として売り出されまたのが、ノンスメル 清水香[ホテル仕様]です。

乾きが速く、べたつかない消臭スプレーで、現在もいろいろなホテルで使用され続けています。

ちなみに清水香はせいすいかと読みます。

ノンスメル 清水香[ホテル仕様]の口コミ・レビュー

  • 某ホテルにおいてありました。容量を考えたらコスパ良し。
  • 無香料の衣類用消臭スプレーを探していました。ホテルでも使われているだけあって、さすがに効果も抜群です。
  • 本当に香りが残らず、消臭効果抜群です。

エーツーケア 除菌・消臭スプレー

ANAの機内で使われている、安心成分でできた消臭スプレー

エーツーケア 除菌・消臭スプレーは、主成分である水でほぼできています。

香りでごまかさない、無色、無臭です。

臭いの原因物質を分解して消臭し、臭いのもとをたつことができます。

1プッシュが軽くて使いやすいのも特徴で、安心成分でできていることから、赤ちゃんのいるママたちに人気の商品です。

エーツーケア 除菌・消臭スプレーの口コミ・レビュー

  • 生乾きの洗濯ものにスプレーしたところ、まったく臭いませんでした。消臭効果抜群です。
  • 仕事中、シャツが汗臭くなっていましたが、この商品を使うと、シャツが濡れて乾いても、汗臭くなくなりました。

なぜ洗濯しても服が汗臭いの?

ちゃんと洗濯しているのに、衣類が汗臭いのはなぜでしょうか。

衣類が汗くさいのは、繊維に絡みついている、皮脂、垢などの
しっかり洗っているつもりでも、衣類の繊維の奥まではしっかり洗えていないのです。

しっかり汚れが落ちていない原因は、皮脂汚れやタンパク質が普通の洗濯だけでは落ちにくいことにあります。

汗ジミが黄色くなる原因・理由

汗をかいた洋服の脇が黄色くなっていることはありませんか。

汗ジミが黄色くなる原因は、衣類に残った汚れの酸化と、汗そのものに原因があります。

汗には2種類あり、それぞれの汗ジミが黄色くなる原因を持っています。

アポクリン腺

アポクリン汗腺からでる汗は、タンパク質や皮脂を多く含んでおり、洗濯では落ちにくいため
衣類に残りやすいです。

衣類に残った汗が、時間の経過とともに酸化することで黄ばみになります。

また、アポクリン汗腺からでる汗は、黄色い色素を持っているため、汗ジミが黄色くなるのが特徴です。
アポクリン汗腺からは、ストレスや緊張状態にあると汗が多くでます。

腋臭体質の人はアポクリン汗腺の汗腺量が多く、働きが活発なので、アポクリン汗腺からの発汗が多いです。

エクリン腺

エクリン汗腺からでる汗の成分はほとんどが水で、サラサラしており臭いはありません。

しかし、汗腺機能が低下してくると、汗の中に血漿の成分である、鉄が分泌されるようになります。

通常の汗ジミよりも濃い色の汗ジミができるのは、エクリン汗腺からでる汗に、鉄が含まれているからです。