暑い夏には冷感タイプのメディキュットなら気持ちよく寝れる

暑い夏には冷感タイプの着圧ソックスで気持ちよく寝る-min

日本の夏って年々暑くなっている感じがしますよね。五月末ごろからなんだかんだポカポカして、夏を過ぎて10月頃まで暑さが続く...結局一年の半分近くは暑いなんてこともあります。とくに、夏はぐっすり眠るのが辛いくらい暑いですよね。けれど、どんなに暑くても足はむくむし疲れるのです。

寝ながらメディキュットは、寝ている間に足をケアできる優れものですが、足全体をケアするために足をすっぽりと包み込むデザインになっています。それゆえに、「暑くなってくると寝ながらメディキュットを履いて寝るのが心配」「暖かい日は寝るときに履くと少し暑苦しく感じる」という悩みも出てくるのではないでしょうか?

けれど、「寝ている間に足がこんなに楽になるのだから毎日履きたい」「履くのをやめてマッサージや半身浴をして足をケアするのは面倒」というのが、寝ながらメディキュットを使ったことのある人の素直な気持ちですよね。

ということで今回は、暑い夏の夜でも気持ち良く履けるクールタイプのメディキュットについてご紹介していきます。履くだけでひんやり感を感じるメディキュットを選べば、「暑苦しくて寝れない」「夏にも快適に足のケアがしたい」という悩みが解決できますよ。

暑い夏こそ着圧ソックスを履き続けるべき

「こんなに暑いのに着圧ソックスなんて履いて寝れない」「夏は暑いし冷えの心配もないからしばらく履くのやめようかな」「水分をたくさんとって汗もかくしむくみの心配もないだろう」なんて、着圧ソックスをお休みしようとしていませんか?実は、暑い夏だからこそ着圧ソックで寝ている間にケアするのがおすすめなんです。

夏は確かに暑いですが冷房による冷えも心配な季節です。「電車は職場はけっこう肌寒い」なんてことも多いですよね。また、水分をたくさんとることでむくみやすくもなります。さらに、脂肪を燃焼させて体を暖める冬と違って代謝が落ちるので、下半身のシルエット維持のためにも寝ながらケアすることが必要なんですよ。

それに、夏は紫外線の影響もあって疲れがたまりやすい季節です。仕事から帰ってきて体をケアして労るのは難しいので、寝ている間に一日の疲れを着圧ソックスでリセットすることで、疲れが蓄積して夏バテになるを防いでくれたりもします。暑い夏を健康に元気に乗り切るためにも、涼しい着圧ソックスをゲットしておやすみ時のケアを欠かさないでくださいね。

寝ながらメディキュット スーパークール ロング

集中冷感設計で効率的にクールダウン

寝ながらメディキュット スーパークールには、クールダウンスポットというポイントがあります。血管が皮膚から近い膝裏、足首のひんやりスポットにメープルクールという素材を取り入れて、下半身の熱を無駄なく発散してくれますよ。メープルクールは接触冷感性に優れた繊維素材で、心地いい冷たさを感じることが可能です。

寝ている間に熱がこもりやすいスポットを集中的にひんやりとさせてくれるので、従来の寝ながらメディキュットと比べると体感温度の違いを実感できます。これなら、暑い夏の夜でも眠りを妨げられず足をケアしていけますね。

他にもクールな使用感を感じられる工夫がたくさん

寝ながらメディキュット スーパークールの生地は、通気性にも優れています。通気性にとことんこだわったメッシュ編みという技術を採用しているので、かいた汗がムレて暑さを感じる心配もいりません。通気性が悪いと風や空気が通らず、汗をかきやすくなったり、寝苦しさを感じてしまうので嬉しいですね。

また、吸水速乾性に優れているのもこの着圧ソックスの魅力です。汗をすぐに吸い込んでしっかりと放湿、すぐに乾いてベタベタしないので一晩中気持ち良く寝ることができます。放湿性の高いサラサラ生地を使用しているので、汗をかいても快適な肌触りが続いて涼しいです。

つま先オープン設計で熱がこもらない

寝ている間は特につま先に熱がこもりやすいです。つま先は熱を発生しやすいので、つま先ありの着圧ソックスを履いて寝ると、熱の逃げ場がなくなってしまって暑くて眠れなくなってしまいます。寝ながらメディキュット スーパークールは、つま先部分がオープンになっている設計なので、こもりがちな熱をしっかりと発散してくれますよ。

また、つま先部分がないことで締め付け感や圧迫感を感じずに、快適に眠ることができるのです。これなら、「靴下を履きながら寝るといつの間にか脱いでしまっている」なんて方でも、違和感なくぐっすりと眠ることができますよね。それに、体温の上昇を事前に防ぐことで、暑くて眠りが浅くなり途中で起きてしまうことも予防してくれますよ。

涼しいタイプの寝るときに履く着圧ソックスはスリムウォークもおすすめ

寝ながらメディキュットのクールタイプについてご紹介しましたが、寝ながら足をケアできる着圧ソックスはスリムウォークからも発売されています。クールタイプの商品がいくつかあるので、そちらをご紹介していきますね。

スリムウォーク クールおやすみ美脚 スーパーロング ライトブルー

マイナス4℃の涼しさ

スリムウォーク クールおやすみ美脚には、接触冷感素材が採用されています。新触感冷感素材のブリーズが、足を通した瞬間にひんやりとした気持ちよさを与えてくれますよ。これなら、お風呂上がりに履いて汗ばむ心配もないので嬉しいですね。この冷感素材の効果は高く、履いてから1時間ほどで履いている場所の皮膚の温度が4℃下がるほどです。

また、冷感素材に加えて吸水速乾性のある素材を使用しているので、汗を素早く吸いとってサラサラで爽快な肌触りを実現しています。通気性のよいメッシュ編みも採用していて、汗を発散しつつ空気を取り込むこともできるので、キツ苦しさや寝苦しさを感じません。

睡眠を妨げない最適な着圧値

スリムウォーク独自の美脚リフト構造による着圧で、寝ている間にむくみや疲れをケアして美脚に導いてくれるのも、この着圧ソックスの魅力です。足首の着圧が一番強く、ふくらはぎにかけて弱くなっていくので、下にたまったリンパや血液をぐんぐん流してくれますよ。朝起きたときの足の軽やかさに、思わず驚いてしまうほどです。

また、着圧が強すぎると寝ている間に脱ぎたくなってしまったり、寝苦しくて夜に起きてしまうこともあります。朝まで不快感なく履けて、締め付けによる効果もしっかりと得られる絶妙な着圧値で設計することで、美脚をしっかりと実感していただけますよ。

涼しさだけではない!朝までぐっすり眠れる履き心地

スリムウォーク クールおやすみ美脚は、涼しさ以外の履き心地も魅力です。素材には優しい履き心地のハイカウントナイロン糸を使っているので、伸びが良くきつく締め付けられる感じもありません。寝返りの邪魔をしないので履いていないときと変わらない寝心地どころか、着圧効果でより快適な睡眠を得ることができます。

また、太もも部分の履き口には幅広タイプのやわらかいゴムを使用しているので、朝起きたときにあとが残っているなんてこともありませんよ。暑い時期はショートパンツを履く機会も多いので、太ももにゴムのあとが残ってしまうとコーディネートにも迷ってしまいます。あとは残らず、スッキリ感は残るので毎日気兼ねなく履くことができますね。

くつろぎ時間のスリムウォーク 足指セラピー 夏用

暑い夏にぴっりな涼しい素材

スリムウォーク 足指セラピー 夏用には、麻混素材が使用されています。麻は通気性に優れていて風を通しやすく、肌にもベタベタくっつかないので、夏用の洋服にも使われている人気の素材です。サラサラとした肌触りで涼感効果があるので、履いていても肌にまとわりつく不快感がないのが魅力ですよね。

また、この着圧ソックスは膝下までの短めタイプなので、ロングタイプのものよりも肌を被う面積が少なく、その分暑さや寝苦しさを軽減できます。「ふくらはぎがパンパンに張りやすい」「太ももまではケアしなくても大丈夫」「とにかく暑がり」という方はにはおすすめですよ。

ピンポイントのトリプルケアで翌朝の足が変わる

スリムウォーク 足指セラピー 夏用は、足の疲れるポイントへのトリプルケアが魅力です。足首からだんだん軽くなる着圧でマッサージ効果、血行促進効果、むくみ予防改善効果を得られることはもちろん。足指には足指解放クッションが取り入れられています。日中パンプスなどで縮こまりがちな足指をぐーんと広げてくれるので、つま先にたまった疲れをリフレッシュすることができるのです。

さらに、足の甲にはぎゅぎゅっと設計を採用しており、ギャザーの入った作りで足の甲の疲れをリセットしてくれます。なかなかケアが行き届かない足の甲ですが、歩行などによって疲れは蓄積しがち...寝ながらケアしてあげることで、翌朝の足取りの軽さが劇的に変わりますよ。

足指が広がるので夏のおしゃれを楽しめる

スリムウォーク 足指セラピー 夏用は、つま先部分がオープンタイプになっています。また、足指解放クッションによって足指がしっかりと広がっている状態です。なので、お風呂上がりや寝る前のリラックスタイムに、夏のおしゃれの醍醐味であるペディキュアを塗ることができますよ。

足指がぐーんと開いているので、指同士がくっつきにくく塗るのも乾燥させるのもはかどること間違いなしです。マニキュアができなくても、夏のペディキュアならサンダルファッションのアクセントにもなるので、嬉しいポイントですね。