【人気】鹿児島焼酎のおすすめランキング!買うべき有名な鹿児島の焼酎

鹿児島焼酎のおすすめ銘柄-min

鹿児島焼酎という焼酎をご存知ですか?焼酎は今、飲みやすいものや美味しいものも増えていて人気が出てきています。

そんな中で九州は焼酎の産地で、特に鹿児島は焼酎王国と言われるほど、多くの焼酎が作られています。

鹿児島焼酎には美味しい焼酎がありそうですよね。どのような銘柄がおすすめで人気なのでしょうか?鹿児島焼酎についてご紹介します。

鹿児島焼酎のランキング上位のおすすめ銘柄

鹿児島焼酎と言えば、芋焼酎が真っ先に思い浮かぶかもしれません。

その他にも美味しい焼酎がありますよ。鹿児島焼酎のランキング上位にあるのはどのような焼酎なのでしょうか?

参考:「芋焼酎のおすすめ銘柄

れんと

れんと 黒糖 紙パック 25度 1800ml [鹿児島県]

れんと 黒糖 紙パック 25度 1800ml [鹿児島県]

1,580円(08/16 07:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

黒糖焼酎の中でも一番知名度が高く、美味しいと言われているのがれんとです。クラシックを聴かせるという、音響振動を使用して酵母の動きを活性化させて作られているとのこと。

黒糖のまろやかさ、優しい味と豊かな香りがありますが、すっきりと飲むことができます。

黒糖焼酎を初めて飲むという人、女性にも人気の高い焼酎です。価格もリーズナブルなのも嬉しいところです。

赤薩摩

薩摩酒造 赤薩摩 25度 1800ml [鹿児島県]

薩摩酒造 赤薩摩 25度 1800ml [鹿児島県]

1,700円(08/16 07:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

赤薩摩は芋焼酎のパイオニアである「さつま白波」で有名な薩摩酒造の代表銘柄です。原料には、「エイムラサキ」という希少な紫芋が使用されているのです。

紫芋に含まれている、アントシアニンやポリフェノールが含まれていて、まろやかで優しい芋の香りと旨みが凝縮されています。

紫芋特有の香りや甘みが楽しめ、飲みやすいので女性に人気です。エイムラサキの収穫量が限られているので、限定発売になりますが、いつもと違う芋焼酎を飲みたい人におすすめです。

里の曙

長期貯蔵 里の曙パック 25度 1800ml [鹿児島県]

長期貯蔵 里の曙パック 25度 1800ml [鹿児島県]

2,000円(08/15 19:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

里の曙は奄美大島のこだわりの黒糖を使用した黒糖焼酎です。

甘く芳醇な香りとまろやかな味わいが人気です。減圧蒸留を取り入れ、黒糖焼酎のイメージを変えたと言われています。

優しい飲み口で、黒糖焼酎好きな人達からの支持が高い銘柄です。もちろん初めて飲む人でも黒糖の香りやコクを楽しめます。

参考:「黒糖焼酎のおすすめ銘柄

鹿児島焼酎の売れ筋のおすすめ銘柄

鹿児島焼酎は売れ筋はどのような銘柄なのでしょうか?

さつま小鶴

小正醸造 さつま小鶴 25度 1800ml [鹿児島県]

小正醸造 さつま小鶴 25度 1800ml [鹿児島県]

1,570円(08/16 07:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

さつま小鶴は、白麹仕込みのすっきりとした辛口の芋焼酎です。

小正醸造独自の製法で、ふわっと口に広がる芋の香りや甘みを感じながら、なめらかなキレの良さもある仕上がりになっています。

原材料であるさつまいもも厳選し、白麹の製造にもこだわっているのです。美味しいさつま小鶴は、丁寧に思いをこめて作られています。どんな飲み方をしても美味しくいただけます。

神の河

薩摩酒造 神の河(かんのこ) 樽熟成 麦焼酎 720ml

薩摩酒造 神の河(かんのこ) 樽熟成 麦焼酎 720ml

1,029円(08/16 07:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

神の河は、さつま白波でおなじみの薩摩酒造が手掛ける、麦焼酎です。原料は二条大麦100%で、ホワイトオーク樽で3年以上熟成させているのです。

やわらかい琥珀色をしていて、まろやかで優しい香りと味わいが特徴的です。

洋酒のような甘い香りがあるのですが、麦のすっきりとした香りもあり、いつもの焼酎とは違う味わいを楽しみたい人におすすめです

大海酒造 海 芋焼酎 1800ml

大海酒造 海 芋焼酎 1800ml

2,380円(08/16 07:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

ブルーのさわやかなボトルが目を引く海。

その見た目通りに、フルーティーな味わいとさっぱりと爽快なのどごしが楽しめる芋焼酎です。

それは、通常の芋焼酎とは違って、黄麹と「ベニオトメ」というさつまいもを低温発酵させ、減圧蒸留によって作られているから。垂水温泉水である「寿鶴」も味や香りに影響しています。

芋焼酎の重いクセのある香りが苦手という人のイメージを覆す芋焼酎です。冷たくしたストレートがよく似合う、女性にもおすすめの焼酎です。

鹿児島焼酎の有名のおすすめ銘柄

鹿児島には多くの焼酎銘柄があります。その中でも良く知られている有名な鹿児島焼酎には何があるのでしょうか?

晴耕雨読

晴耕雨読 720ml

晴耕雨読 720ml

1,305円(08/16 07:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

晴耕雨読は、鹿児島県産の黄金千貫100%で作られ、白麹で仕込まれた芋焼酎です。米焼酎を独自ブレンドして作られているのが特徴。

芋のクセはなく、ほのかな芋の甘みがあり、柔らかくなめらかな口当たりですが、すっきりとしたのどごしを楽しめるのです。

かすかにお米のふんわりとした香りもあり、飲みやすく仕上がっています。「芋焼酎のすばらしさを多くの人に知って欲しい」と、情熱をこめて作られた晴耕雨読は、芋焼酎ブームの中心ともなったのです。

朝日

朝日酒造 朝日30度1800ml

朝日酒造 朝日30度1800ml

2,000円(08/15 19:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

朝日酒造は創業100年を超える歴史のある蔵元。その創業以来の銘柄が朝日です。タイ米を使用した米麹によって作られているのが特徴的な黒糖焼酎です。奄美諸島の中の最東端にある、喜界島の自然から生まれています。

黒糖の香りや風味がありながら、柔らかく優しい味わいが口の中で広がります。

軽やかなのどごしやキレの良さも人気です。黒糖焼酎ファンの中でも好まれています。

龍宮

龍宮 30° 1800ml

龍宮 30° 1800ml

2,438円(08/15 19:51時点)
Amazonの情報を掲載しています

奄美大島の小さな酒蔵である富田酒造によって作られている黒糖焼酎。こだわりの伝統製法であるかめ仕込みで作られています。金作原を源流とする水と、国産米で味わいが豊かになるのです。

また、黒麹を用いて丁寧にかめ仕込みで作られていて、黒糖のおだやかで優しく広がる香り、きりっとしたキレのある軽やかな味わいを楽しめます。

龍宮を飲んで黒糖焼酎が好きになったという人もいるほどです。生産量は少ないのですが、とても人気です。

鹿児島焼酎とは

鹿児島焼酎

焼酎大国と言われる鹿児島県には、113の蔵元、2000を超える本格焼酎の銘柄があるのです。それぞれの蔵元によって、使用する原料や麹などは違い、昔から伝承されている技も味わいも違います。

鹿児島県には「薩摩焼酎」と言ってWTO(世界貿易機構)によって産地指定をされた芋焼酎があります。その他にも麦焼酎や米焼酎も鹿児島では作られています。しかし、それらは薩摩焼酎とは言えないのです。

確かに鹿児島県は芋の産地なので、芋焼酎が多く作られています。しかし、有名なものに「黒糖焼酎」があります。黒糖焼酎は黒糖を原料に米麹を使って作られていて、鹿児島県奄美群島で作られたものしか黒糖焼酎としては認められないのです。

鹿児島焼酎の美味しい飲み方とは

鹿児島焼酎には、芋焼酎や黒糖焼酎などがあります。どのようにするのが美味しい飲み方なのでしょうか?

ロックやストレート

定番の飲み方であるロックやストレート。

鹿児島焼酎の香りや味を少しずつ味わいながら飲むのがおすすめです。

お湯割り

焼酎がお湯で温められて、香りがふんわりと立つことで味わい深くなります。

鹿児島ではお湯割りで飲まれるのも定番です。お湯の中に焼酎をゆっくりと注ぐと馴染みが良いでしょう。お湯の温度は70度くらいがおすすめです。

水割り

より柔らかく、飲みやすくなるのが水割りです。アルコールがきついと感じる人でも、飲みやすくなるでしょう。

水も美味しい軟水を使うことでよりなめらかで美味しくいただけますよ。

親子飲み

鹿児島焼酎の中でも、黒糖焼酎の独特な飲み方が「親子飲み」です。

それは、黒糖をなめながら、黒糖焼酎を飲むという飲み方です。黒糖焼酎は蒸留酒ですので、糖分はもともと含まれていないので、黒糖と一緒に飲んでも糖分を取り過ぎるということもありません。黒糖の味わいに深みが出て面白いですよ。

参考:「焼酎の美味しい飲み方

鹿児島焼酎を楽しもう

鹿児島は焼酎王国と言われているほど、焼酎を作る蔵元がたくさんあります。たくさんの銘柄もあります。鹿児島と言えば、薩摩焼酎をはじめとする芋焼酎が有名ですが、その他にもいろいろな焼酎があります。

特に奄美諸島で作られている黒糖焼酎は有名です。甘い香りや柔らかい味わいが女性にも人気が高いのです。鹿児島の豊かな自然の中で作られている焼酎を楽しんで見て下さい。