【人気】薩摩焼酎のおすすめランキング!買うべき有名な薩摩の焼酎

薩摩焼酎のおすすめ銘柄!-min

今人気が出ている芋焼酎。昔は芋の独特の臭みがあって苦手という人も多かったのですが、今は甘い香りやフルーティーな香りの飲みやすい芋焼酎もあって人気が出てきています。

そんな芋焼酎に「薩摩焼酎」というブランドがあるのはご存知でしょうか?

薩摩焼酎のおすすめや有名なものなど、薩摩焼酎についてご紹介します。

薩摩焼酎のランキング上位のおすすめ銘柄

ランキングに上がる薩摩焼酎はどのようなものなのでしょうか?見てみましょう。

佐藤 黒

佐藤 黒麹 芋焼酎 720ml

佐藤 黒麹 芋焼酎 720ml

2,900円(06/21 10:35時点)
Amazonの情報を掲載しています

芋焼酎のランキングには必ずと言ってよいほど上がってくるのが、佐藤黒です。

佐藤酒造で製造されていて、佐藤には白麹仕込みの「白」と黒麹仕込みの「黒」とがあります。どちらも人気ですが、全国的に好まれるのは「黒」の方です。

白は口当たりは柔らかいさっぱりとした感じなのですが、黒は、さつまいものしっかり感や重厚感があり、コクを感じることができるのが好まれているのです。

参考:「佐藤を安く買うならココ

三岳

三岳 1800ml

三岳 1800ml

1,890円(06/21 22:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

三岳は鹿児島県屋久島にある三岳酒造で、屋久島の自然の恵みから生まれています。

芋の芳醇な香りとすっきりとしたのどごしがあることが人気です。屋久島では、カラオケ店などでも、気軽に飲まれている芋焼酎ということです。

年間の生産量が少なく在庫がないという場合もありますが、他のプレミアム焼酎に比べると比較的手に入れやすく、比較的手ごろな価格で購入できます。

白玉の露

白玉醸造 白玉の露 芋 25度 瓶 1800ml

白玉醸造 白玉の露 芋 25度 瓶 1800ml

1,490円(06/21 22:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

有名な芋焼酎のプレミアム焼酎として知られる「魔王」の蔵元である白玉醸造の白玉の露。地元大隅産の黄金千貫を使用して、白麹で醸した芋焼酎らしさのある薩摩焼酎です。

優しい芋の香りがありながら、まろやかでキレのあるすっきりとした飲み口です。安定した人気のある銘柄です。

魔王の代わりに飲んで好まれることもありますし、魔王よりも美味しいという芋焼酎ファンも多いのです。

薩摩焼酎の売れ筋のおすすめ銘柄

今、芋焼酎が人気となっていますが、売れ筋の薩摩焼酎にはどのようなものがあるのでしょうか?

さつま白波

さつま白波瓶25度 1800ml  [鹿児島県]

さつま白波瓶25度 1800ml [鹿児島県]

1,520円(06/21 22:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

さつま白波は、一度は目にしたことがある焼酎ではないでしょうか。芋焼酎のパイオニア的な存在と言っても良いでしょう。テレビCMによって、鹿児島県特有の飲み方だった、芋焼酎のお湯割りが、全国に広まり、全国に愛される焼酎となったのです。

鹿児島県産の黄金千貫と国産の米を原料にして、伝統的な製法で作られている、薩摩焼酎を代表する銘柄です。

芋焼酎独特の香りが苦手という人もいますが、どっしりとした味わいを堪能できます。リーズナブルなところも売れる人気です。

黒伊佐錦

黒伊佐錦は、黒麹特有の華やかな香りとコクのあるまろやかな口当たりが人気の薩摩焼酎です。大口酒造によって作られていて、地元でも高い評価を受けています。

今、まろやかで飲みやすい黒麹仕込みの芋焼酎が人気なのですが、その先駆けがこの黒伊佐錦なのです。

リーズナブルなのに、美味しい芋焼酎ということで、毎日飲みたい芋焼酎好きにも人気が高いのです。

華奴

太久保酒造 華奴 芋焼酎 25度 1800ml  [鹿児島県]

太久保酒造 華奴 芋焼酎 25度 1800ml [鹿児島県]

1,615円(06/21 22:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

華奴は大久保酒造で、甕壺仕込みにこだわって作られているのが特徴です。量より質にこだわり、丁寧に作られているのです。

風味や甘みを抑えた、すっきりとした飲み口になっています。

「若い女性にももっと、華やかな印象を持ってもらいたい」という願いを込められて名づけられた通り、芋焼酎のクセが苦手というでも、華やかな香りで美味しく飲むことができるでしょう。

薩摩焼酎の有名なおすすめ銘柄

薩摩焼酎は地元鹿児島で愛され続けている芋焼酎です。有名な銘柄には何があるのでしょうか?

参考:「芋焼酎のおすすめ銘柄

赤兎馬

赤兎馬 (せきとば) 芋焼酎 25度 1800ml

赤兎馬 (せきとば) 芋焼酎 25度 1800ml

2,893円(06/21 22:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

赤兎馬は濱田酒造がもともと、九州限定のプライベートブランドとして生まれたのですが、人気が全国区になったという薩摩焼酎です。

良質な黄金千貫を厳選し、シラス台地で天然濾過されている、地下から湧き出す天然水を使用しているのも美味しさの秘密です。

芋焼酎に良くあるクセは少なく、ほのかに芋の香りが甘くて上品です。ソフトな口当たりですが、力強さも感じられる他にはない味わいとして人気なのです。

さつま島美人

鹿児島県での人気がトップクラスと言われる、県内で愛されている有名な薩摩焼酎がさつま島美人です。

さつま島美人は、鹿児島県内の5つの蔵元が集まった長島研譲によって作られているのが特徴。それぞれの蔵元の伝統が活きた原酒をブレンドして出荷されているのです。

豊かな香りとコクのあるソフトな味わいです。さっぱりとした感じが飲み飽きないのでどんどん進むと言われています。

富乃宝山

富乃宝山1800ml 25度 芋焼酎 西酒造

富乃宝山1800ml 25度 芋焼酎 西酒造

2,820円(06/21 22:44時点)
Amazonの情報を掲載しています

富乃宝山は厳選された黄金千貫と黄麹によって低温発酵させて作られています。芋の甘みや旨みをしっかりと感じられ、柑橘系のフルーティーさも感じさせてくれるのです。芋焼酎の革命を起こしたとも言われています。

重みのある芋焼酎のクセはなく、芋焼酎が苦手という人にも受け入れやすい芋焼酎なのです。おしゃれなバーにも置かれるような、都会的な味わいなのです。

薩摩焼酎とは

薩摩焼酎

薩摩焼酎は、WTO(世界貿易機構)の協定に基づき産地指定を受けた世界的に認められたお酒なのです。

ワインのボルドー、ブランデーのコニャックに匹敵する評価を受けています。薩摩焼酎の条件は、鹿児島産のさつまいもと水にこだわって、全行程を鹿児島県内(奄美を除く)で製造された本格焼酎にのみとなります。

鹿児島県で作られていたとしても、米焼酎や麦焼酎は薩摩焼酎とは言えないのです。薩摩焼酎は、鹿児島県の「芋焼酎のブランド」なのです。

17世紀後半にさつまいもが鹿児島に伝わったことから、鹿児島県全域に芋焼酎の製造が広まりました。そして、現在は薩摩焼酎は代表銘柄だけでも100種類を超えると言われています。

薩摩焼酎の美味しい飲み方とは

薩摩焼酎は芋焼酎の甘い香りや風味が味わえますが、どのようにして飲むのが美味しいのでしょうか?

伝統的な酒器で楽しむ

薩摩焼酎を飲む時に欠かせないのが、「黒ヂョカ」と「猪口(ちょこ)」と言われています。

それは、400年の歴史を持つ「薩摩焼き」の伝統工芸品です。

水で割った薩摩焼酎を黒ヂョカに入れて、直火で燗につけるのです。芋の独特の甘い香りや立ち上がり、ふんわりとトロリとした味と香りが楽しめるのです。左手に猪口、右手に黒ヂョカを持って、楽しむのが通の飲み方なのです。

お湯割り

鹿児島県では一番愛されている飲み方が、お湯割り。

70度くらいのお湯で割ると、芋の味わいや香りが引き立って美味しいのです。

定番の飲み方

焼酎の定番はやはり、ロックやストレートでしょう。そのままの味わいを感じられます。

アルコールが強い場合は、水割りで楽しみましょう。まろやかさが増して飲みやすくなります。

参考:「焼酎の美味しい飲み方

芋焼酎のブランドである薩摩焼酎を楽しもう

芋焼酎はひと昔前までは、「臭い」というようにクセがあり、好まれるものではありませんでした。しかし、今では飲みやすい香りや味わいのものも増え、芋焼酎が人気です。

その芋焼酎のブランドと言えるのが薩摩焼酎です。WTOによって産地指定を受け、世界的に認められているのです。鹿児島の芋と水で、鹿児島の土地で作られているという芋焼酎だけに言えるのです。

美味しい芋焼酎に出会いたい、芋の味わいを楽しみたいという人は、薩摩焼酎を試してみてはいかがでしょうか?