【最新】おすすめの芋焼酎はコレ!人気の銘柄から話題の芋焼酎まで

飲みたいおすすめの芋焼酎-min

芋焼酎は独特の甘い香りや風味があることで今人気の焼酎です。

居酒屋さんなどでもいろいろな種類が扱われるようにもなってきました。自分のお気に入りがあるかもしれませんが、まだ他にも美味しい芋焼酎があるのであれば知りたいですよね。贈り物にも喜ばれる芋焼酎。

おすすめや人気の芋焼酎をご紹介します。

人気ランキング上位の芋焼酎の銘柄

昔は「芋焼酎は独特の香りが苦手…」という人も多かったのですが、最近は違います。それは、香りがフルーティーで飲みやすいものが増えたから。

ランキングで上位に上がる、美味しい人気の芋焼酎の銘柄を見てみましょう。

魔王

白玉醸造 魔王 芋焼酎 25度 720ml 鹿児島県

白玉醸造 魔王 芋焼酎 25度 720ml 鹿児島県

3,290円(05/23 11:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

鹿児島県の白玉酒造の魔王は、プレミア焼酎として知られています。

とても人気があるので、入手が困難な時もあり、価格も高騰する場合もあります。今までの飲みにくいという芋焼酎のイメージを払拭してくれる、フルーティーな香りやすっきりとした飲みやすい口当たりで女性にも人気なのです。

それは麹に日本酒に使用する黄麹を使用しているから。そして熟成されることで、まろやかで落ち着いた味わいになっているのです。

佐藤 黒

佐藤 黒麹 芋焼酎 720ml

佐藤 黒麹 芋焼酎 720ml

2,900円(05/23 07:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

佐藤 黒もプレミア焼酎として大変な人気を誇っています。佐藤は佐藤酒造で作られていて、芋焼酎は「白」と「黒」の2種類があります。黒は黒麹を使っており、芋本来の香りや風味で、力強さとキレの良さがあります。

白の方は軽さや甘みを感じられますが、黒はどっしりとした重厚な味、やわらかな甘みを楽しめることがクセになるのです。

売れ筋の話題の芋焼酎の銘柄

人気が高い芋焼酎は、プレミアムがついていてなかなか入手できないという場合もあります。

そこでよく売れている芋焼酎は、飲みやすさや購入しやすさがあり、身近に感じられそうです。売れ筋の話題の芋焼酎にはどんなものがあるのでしょうか?

白玉の露

白玉醸造 白玉の露 芋 25度 瓶 1800ml

白玉醸造 白玉の露 芋 25度 瓶 1800ml

1,490円(05/23 07:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

白玉の梅雨は、魔王で知られる白玉酒造で作られています。明治37年創業で伝統を引き継いて、素材である黄金千貫の味を生かした、スタンダードな芋焼酎です。魔王のベースとなっているのが、この白玉の露。

新しい芋焼酎であるプレミアムな魔王とは対照的な味わいです。しかし、魔王の代わりにと飲んでみた人が、白玉の露を好きになるという場合も多いとのこと。やさしい芋の香りとまろやかでキレのある美味しさです。価格も手頃というのも人気です。

霧島酒造 赤霧島

霧島酒造 赤霧島 25度 900ml

霧島酒造 赤霧島 25度 900ml

950円(05/23 11:55時点)
Amazonの情報を掲載しています

霧島酒造と言えば、有名な芋焼酎ブランド。

その中の赤霧島は霧島シリーズの中でも、とても人気の高い銘柄です。「ムラサキマサリ」という幻の紫芋を原材料に使っているのが特徴。芋焼酎とは思えないようなしっかりとした気品のある甘みや香りが人気です。

ムラサキマサリの生産量の関係で、春と秋の年に回の販売になりますが、価格も手頃で普通の酒屋さんでも手に入れることができます。

安くておすすめの芋焼酎の銘柄

芋焼酎は高くないと美味しくないというわけではありません。

高いプレミアムがついたものは、確かに価格の理由があり美味しいですが、毎日飲めるような安くて美味しい芋焼酎もありますよ。

三岳

三岳 1800ml

三岳 1800ml

1,890円(05/23 07:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

三岳はプレミア焼酎とも言われていましたが、今はネットなどでも手に入りやすい価格になっています。三岳は鹿児島県屋久島で作られています。屋久島の天然の湧き水を使用して作られているので、すっきりとした飲みやすい味わいなのです。

ほんのりと上品に芋の香りがして、芋焼酎初心者の人でも美味しく飲めますよ。大量生産をせずに丁寧に作られている芋焼酎が、手頃な価格で飲めるのは嬉しいところです。

赤兎馬

赤兎馬 (せきとば) 芋焼酎 25度 1800ml

赤兎馬 (せきとば) 芋焼酎 25度 1800ml

2,819円(05/23 07:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

赤兎馬は、甘い香りととろりとした濃厚な味わいが特徴的な芋焼酎です。

秘蔵熟成によってまろやかな口当たりと、洋酒のような甘い香りが人気。三国志に出てくる「1日に千里を走ることができる」という名馬の名前からきています。

良質な黄金千貫と鹿児島のシラス台地の地下の天然水が原料となっています。一時期は手に入りにくいと言われていましたが、生産量が増えてきたので、手頃な価格で購入することができるようになっています。

プレゼントにおすすめの芋焼酎

父親やお世話になった男性の方へのプレゼントとしても人気の芋焼酎。

自分では挑戦できなかったという人も、プレゼントでもらうことで芋焼酎の魅力を知るきっかけになるかもしれません。プレゼントに人気の芋焼酎を見てみましょう。

村尾

村尾 (むらお) 25度 1800ml

村尾 (むらお) 25度 1800ml

10,000円(05/23 07:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

プレミア焼酎として知られているのが村尾。かめ壺仕込みという伝統的な作り方をしているので、少量生産しかされていません。そんな中で人気が高待っているので、なかなか手に入らないですし、価格が高騰してしまっているのです。

柔らかな飲み口と、すっきりとした芋の味わいが楽しめるバランスの良い芋焼酎。飲みやすいながらも、芋をしっかりと感じることができるのです。焼酎好きには大変喜ばれることでしょう。初めての人でも美味しく飲むことができますよ。

伊佐美

伊佐美 芋焼酎 1800ml

伊佐美 芋焼酎 1800ml

2,680円(05/23 07:43時点)
Amazonの情報を掲載しています

プレミア焼酎の元祖とも言われているのが伊佐美です。

昔ながらの芋焼酎らしい素朴な味わいがありながら、クセが少なくバランスが取れた濃厚な味わいが人気です。黒麹が引き立てるさつまいもの香ばしさが特徴的なのです。

なめらかさがありながらも、しっかりと骨太の味わいが人気の歴史のある芋焼酎。レトロなラベルも趣がありプレゼントとしても人気なのです。

芋焼酎のおすすめの飲み方

芋焼酎はどのようにして飲むのが美味しく飲めるのでしょうか?芋焼酎は、独特の香りやまろやかさが特徴的な焼酎。飲み方によっても味わいが変わってきます。

ロックやストレート

芋焼酎の独特の香りや味わいを楽しむのであれば、ロックやストレートで飲むのが一番定番です。ただし、焼酎はアルコール度数が高いのでゆっくりと少しずつ味わいながら飲むのがおすすめです。

水割り

芋焼酎は水で割ることで、飲みやすくまろやかになります。ロックやストレートではきついと感じる方におすすめです。美味しい軟水を選ぶようにすると、より美味しく飲むことができますよ。

お湯割り

芋焼酎は温かいお湯と割ることで、香りがふんわりと立ち風味が引き立ちます。芋焼酎の産地である鹿児島県では好まれている飲み方です。一般的には、焼酎とお湯を4:6が美味しいと言われています。一度試して欲しい飲み方です。

芋焼酎カクテル

芋焼酎でも、その他の飲み物と割ることで新しい味を発見することもできます。次のようなものでも意外に美味しいのです。

  • コーラ
  • ジンジャエール
  • コーヒー
  • お茶(ウーロン茶、緑茶など)
  • 牛乳

そのままの芋焼酎の味に変化を加えてみたいと思った時には試してみると良いかもしれませんよ。芋焼酎が苦手と思っていた人でも新しい魅力を知るきっかけになるでしょう。

芋焼酎を楽しもう!

ひと昔前は「芋焼酎なんてくさくて飲めない!」なんて言う人もいましたが、今はとても人気があります。それは、今までの芋焼酎にないようなフルーティーな風味や軽い味わいがあるものも出てきたから。また、昔からの伝統の味わいも見直されてきているからでしょう。

歴史ある伝統的な芋焼酎から新しい芋焼酎まで、いろいろな銘柄があり、好みも人によって違います。人気のものから試してみるのもおすすめですよ。生産量が限定されているものは、プレミアがついて入手困難な場合もあります。

いつも買えるようなリーズナブルなものでも美味しいものもあります。自分好みの芋焼酎を見つけてみて下さいね。