【高評価】トリュフ塩のおすすめ商品まとめ!口コミで評判のトリュフ塩はコレ

おすすめのトリュフ塩料理が美味しくなる-min

ひとつまみ料理にふりかけるだけで、まるで魔法がかかったかのように香りが広がり、数段料理のレベルが引き上がると言われ人気のトリュフ塩。

贅沢な気分を味わいたいなら超オススメの塩ですが、非常に高価なこともあり、間違った商品を使い効果半減となるのは嫌なものです。

とはいえ、料理に適したトリュフ塩が存在するだけに、選びどころが非常に難しいと頭を悩ませるのも事実。

そこで、本記事では、トリュフ塩の種類やおすすめのトリュフ塩を3つ、そして、トリュフ塩の使い方・おすすめのレシピや、通販以外で購入するならどのショップがおすすめなのかご紹介していきます。

トリュフ塩のおすすめ人気商品はコレ

香りが良く贅沢な気分も味わえると人気のトリュフ塩。

もちろん、トリュフ塩といっても、各メーカーから発売されている商品によって、その個性は千差万別。

では、どんなトリュフ塩が人気なのか、そのおすすめを3つご紹介します。

タルトゥフランゲ 白トリュフ塩

タルトゥフランゲ 白トリュフ塩 30g

タルトゥフランゲ 白トリュフ塩 30g

2,150円(10/22 13:19時点)
Amazonの情報を掲載しています

白トリュフの産地として有名なイタリア・ピエモンテ州にある世界屈指のトリュフメーカーが生み出した「タルトゥフランゲ 白トリュフ塩」。

おすすめの特徴

海塩のミネラル成分がもたらすほのかな甘さと、白トリュフが生み出す繊細な気品漂う香りが、合わさる極上のトリュフ塩

調理後の料理に人ふりかけるだけで、料理が3段階グレードアップするので、一度は使ってみてほしいところです。

商品のレビューに書いてある良い内容

  • 肉料理の味を3ステージほど上に登らせてしまう白トリュフ塩です。
  • オージービーフと白トリュフ塩の組み合わせで、肉ライフが変わると思いますよ。
  • 味も香りも抜群!!また必ず購入します。

有名シェフ御用達でもあるこのトリュフ塩は、レビューにある通り味・香りが抜群に良い塩なので、パスタ・肉料理などに超オススメ

価格は、30gで3000円と超高額。

やはり、白トリュフという高級食材を用いて作られている塩なので、高額なのは仕方ありませんが、それだけの価値は十分感じさせてくれます。

年に一度の記念日など、ここぞという時に、一度使ってみてくださいね。

ジオフーズ 黒トリュフソルト

黒トリュフソルト Geofoods ウンブリア産トリュフ使用 50g

黒トリュフソルト Geofoods ウンブリア産トリュフ使用 50g

1,625円(10/22 13:19時点)
Amazonの情報を掲載しています

フレッシュトリュフに限らず、トリュフを扱った加工食品もたくさん手がけているトリュフ専門食品メーカー「ジオフーズ」。

このジオフーズが専門のノウハウで生み出したのが、「ジオフーズ黒 トリュフソルト」です。

おすすめの特徴

黒トリュフを使用したトリュフ塩だけあって香りも芳醇。

素材の味を引き立ててくれるだけでなく、温かい料理から冷たい料理まで幅広く使うことができるところが、このトリュフ塩の最大の特徴。

ステーキ、ミートソーススパゲティ、目玉焼き・卵焼きなど、単純にふりかけても良し、味付けとして使ってみても良し、様々な使い方が可能です。

商品のレビューに書いてある良い内容

  • 冷たいお料理にも、温かいお料理にも良く合います。
  • カルボナーラは特に絶品!普段のさりげないお料理が高級レストランのお味になります。
  • 贈答用で注文しました。渡した人にはとっても喜ばれました。

黒トリュフを使ったトリュフ塩なので、白トリュフを使ったものよりかは格安とはいえ、50gで1505円と高額。

やはり普段遣いというよりは、贈り物や、特別な日に使うための一品といえますね。

ただ、ほんの少し料理にふりかけるだけで、味はもちろん、香りも抜群に良くなるので、贅沢な気分を味わいたい方ほど超オススメです。

サバティーノ・トリュフ 黒トリュフソルト

イタリアの超一流レストランとも取引があると言われている、イタリア・サバティーノ社の「黒トリュフソルト」。

この黒トリュフソルトに使われている黒トリュフは、サマートリュフと言って、5月~12月の間に収穫されるトリュフをふんだんに使っています。

そのため、他の黒トリュフ塩よりも香りが強く、料理の味はもちろんですが、香りを存分に楽しみたい方にはおすすめ。

当然熱を加えても香りが飛ばない黒トリュフを使っているので、肉料理やパスタにふりかけて使うのはもちろん、卵料理などにも合います。

商品のレビューに書いてある良い内容

  • 日本の高級スーパーとかで買うトリュフ塩とは、香りの芳醇さのレベルが違う!
  • クリーム系のパスタとの相性は抜群!!オムレツやスクランブルエッグに一振りするだけで、なんとも美味な豪華料理に大変身しますよ。
  • 色々な料理に使えて味の奥行がぐ~んとグレードアップしました。
  • トリュフの香りを楽しみたい人にはお勧めです

やはりサマートリュフをふんだんに使っているだけあって、香りの芳醇さは別格ですね。

レビューにもありますが、どんな料理も相性抜群で、香り・味の奥行きが更に広がっていく塩なので、ぜひ一度試してみてください。

価格は、100gで4146円と超高額ですが、大奮発して贅沢を感じるなら、これくらい奮発してもいいでしょう。

一度使い始めたら癖になってしまいそうな、豪華なトリュフ塩ですので、特別な日のために購入してみるのもおすすめですよ。

そもそもトリュフ塩とは何?

トリュフとはキャビアやファオあぐらに並ぶ世界3代珍味とも呼ばれるきのこの一つで、香りも豊かで、高級料理などによく用いられます。

トリュフといっても、大きく分けて、白トリュフ・黒トリュフの二種類が存在し、それぞれの特色があります。

白トリュフは、香りが非常に高く繊細なので、特に調理後の香り付けに使うのに適しています。

一方、黒トリュフは、加熱しても香りが飛ばず芳醇な香りをする特質を持つことから、主に調理用として用いられています。

以上のように、トリュフにもいろいろ特性があるのですが、だからといってもトリュフはあくまできのこの一種です。

それだけで塩になることは絶対にありません。

では、そもそもトリュフ塩とは、一体、どんな塩なのでしょうか?

実は、トリュフ塩とは、乾燥させたトリュフと海塩・岩塩をミルで砕き細かくした後、それらを配合した調味料を指します。

ざっくりいうと、ハーブソルトのトリュフ版と想像するとわかりやすいです。

ただ、高価なトリュフが配合されている塩なので、当然価格も高め。

その分、岩塩海塩が持ち得ていない香りを楽しむことができるので、贅沢な気分を味わいたい方には最適な塩として、今、人気が高まっています。

料理の香りを楽しみたいとい方は、トリュフ塩を使ってみるのもおすすめですよ。

トリュフ塩を使った美味しいレシピ

さて、芳醇な香りを楽しむことのできる贅沢な塩としても人気を集めているトリュフ塩ですが、意外と使い方を知らないという人も多いです。

そこで、参考程度に、トリュフ塩を使ったおいしいレシピを2つご紹介します。

トリュフ塩のピザパン

食パンにチーズやトマトをトッピングしてトーストするピザパンを、少し豪華にしたレシピです。

材料

  • 食パン:1枚
  • トマト:1/2個
  • ハム:1枚
  • ナチュラルチーズ、適当
  • 黒トリュフ塩:少々

レシピ

まず、食パンに、適当日ちぎったハムと、輪切りにしたトマトを敷き詰めます。

どのように敷き詰めるのかは好きなようにしていただいてOK。

次に、上からナチュラルチーズを適当に散りばめます。

そして、その上に黒トリュフ塩を適当にふりかけトーストするだけ。

たったこれだけでピザパン風トリュフ塩のトーストが出来上がります。

香りもよくチーズのとろけ具合も抜群で非常に美味しいので、ぜひ試してみてくださいね。

トリュフ塩のロコモコ丼

ハワイ料理のロコモコ風の丼物を、白トリュフ塩を使って、更に豪華な丼物に大変身させてみたレシピです

材料

  • ご飯:1合(もしくはパック詰めのご飯1パックでもOK)
  • 冷凍ハンバーグ;1個(コンビニなどで販売しているタレ付きハンバーグでOK)
  • 卵:1個
  • 塩トリュフ塩:少々

レシピ

まず、ご飯を1合炊飯します。
(パックのご飯なら、2分レンジアップするだけでOK)

お鍋にお湯を張り、冷凍ハンバーグを2分ほど温め、その間に、目玉焼きを作りましょう。

目玉焼きの焼き加減は、片面焼きで半熟の方がより美味しく感じます。

あとは、丼に、ご飯・ハンバーグ・目玉焼きの順に入れていき、最後に、白トリュフ塩を上からふりかけるだけで完成です。

レシピと言っても、ほとんどご飯やハンバーグを温めて乗っけただけといったシンプルなものです。

しかし、ロコモコ風の丼物に、塩トリュフ塩をふりかけるだけで、豪華なロコモコ丼風の食べ物に大変身するので、ぜひ試してみてくださいね。

トリュフ塩の使い方

トリュフ塩は、主に二通りの使い方があります。

基本的には、調理後の料理に上からパラパラとふりかける使い方がおすすめ。

特に白トリュフ塩の場合、熱に弱い繊細さがあるので、サラダの上にふりかけたり、サンドイッチにハムと一緒に挟んだりすると効果的。

もちろん、熱に弱いと言っても、パスタ・リゾットにふりかけても十分香りを楽しめます。

一方、黒トリュフの場合は、白トリュフ塩以上に多彩な使い方が可能です。

特におすすめは、スクランブルエッグや卵焼きの味付けに使うと、風味も抜群に良くなり卵料理がグレードアップします。

このように白トリュフ塩・黒トリュフ塩とで使い方が若干異なりますので、それぞれの特色を活かした使い方で、トリュフ塩を存分に楽しんでくださいね。

通販以外ならどこでトリュフ塩を買える?

トリュフ塩は高価な塩なので、業務用スーパーではもちろんのこと、一般的なスーパーで取り扱われていない可能性も十分あります。

なので、本来は、オンラインショップで購入したほうが効率的です。

しかし、中には、どうしても試食ができなくてどんなものか分からず通販では不安という人もいます。

そこで、通販以外で購入するならどこがおすすめか、おすすめの2店舗をご紹介します。

塩の専門店「塩屋」

東京に2店舗、大阪に1店舗、沖縄に5店舗構える、塩の専門店「塩屋」。

この塩の専門店は、様々なブレンド塩も発売され、取り扱っていない塩が無いといっても過言ではないくらい沢山の種類の塩を販売しています。

もちろん白・黒両方のトリュフ塩も販売。

それどころか、塩ソムリエが在中し、各塩の説明も聞けますし、実際に試食もさせてくれるのですごく便利。

全国展開とまで入っていないので、ピンポイントで実店舗のそばに住んでいる人でないと、なかなか通うのは難しいのが難点。

ただ、どのトリュフ塩を購入していいか迷われているひとは、しっかりアドバイスもしてくれるので非常に重宝します。

各店舗の情報など公式ページに記載していますので、一度参照してみるのもいいですよ。

http://www.shop-ma-suya.jp/

成城石井

成城石井といえば、関東・中部・近畿を中心にチェーン展開しているスーパーマーケットですよね。

このスーパーの魅力は、全国からより優れた食品を集め、品質の良いものを販売してくれるところにあります。

その成城石井のコンセプトは、トリュフ塩にも当てはまります。

地中海の海水を使って作られた、サルデニア島の海塩に香り豊かなイタリア産黒トリュフの粉末をブレンとした贅沢な黒トリュフ塩が実店舗で販売。

原材料にこだわりを見せている豪華なトリュフ塩が、スーパーで購入できるのは、おそらく成城石井くらいではないでしょうか。

それだけのこだわりを持ったスーパーだからこそ購入できるというのは、近所にお住まいの方からしてみれば実に嬉しいところですよね。

塩専門店や輸入雑貨専門店に入るのは敷居が高いという方は、成城石井で購入することをおすすめします。

あくまでスーパーなので、成城石井なら、普段、何気なく買い物するついでに、トリュフ塩も購入できるのでおすすめですよ。

九州・中国・北海道・四国など、実店舗ないエリアもありますが、特に東京・神奈川など関東エリアはたくさん出店されています。

なので、特に関東周辺にお住まいの方には成城石井はおすすめです。

このように、通販では不安という人も、スーパーや塩専門店で購入も可能なので、一度取り扱っている実店舗を探してみてくださいね。

>シーズニングソルトのおすすめ商品はこちら