【人気2019】軽いフライパンのおすすめ

おすすめの軽いフライパン-min

クリビー

フライパンを洗う時片手に持ちながら調理したいときに重いフライパンでは疲れる…

軽くて使いやすいフライパンを探している人へ評判が高く人気のフライパンをまとめました。

記事を読むと分かること
口コミの評判がよく、かつ疲れない軽いフライパンが見つかる
重くない扱いやすいフライパンを比較して見付けることができます。軽くて評判がいいフライパンを探している人の参考になります。

2019年におすすめの軽いフライパン

IH対応の軽いフライパン

IH対応のフライパンはガス火専用に比べて重くなっています。ガスコンロのみで使う方はこの後まとめているガス火専用のおすすめフライパンから参考に選びましょう。

[和平フレイズ] カルキャス

和平フレイズ フライパン 26cm カルキャス IH対応 KR-7874

和平フレイズ フライパン 26cm カルキャス IH対応 KR-7874

2,200円(11/15 22:37時点)
Amazonの情報を掲載しています

重量:675g
サイズ:20cm、26cm、28cm、深型24cm、深型28cm、玉子焼き器


[パール金属] 軽いね スーパーブルーマーブル

重量:660g
サイズ:20cm、26cm、28cm、深型28cm、玉子焼き器


[ドウシシャ] エバークック フライパン

重量:800g
サイズ:20cm、22cm、26cm、28cm、30cm、深型24cm、深型26cm、深型28cm、玉子焼き器

クリビー

エバークックは他のフライパンと比べると重たいですが、一般的な26cmのIHフライパンと比べれば十分軽いですからおすすめに加えました。また口コミの評価が圧倒的にいいので良いフライパンが欲しい人はエバークックを購入しましょう。

ガス火専用の軽いフライパン

[パール金属] 軽いね ストロングマーブル

重量:620g
サイズ:20cm、26cm、28cm、30cm、深型26cm、深型28cm、玉子焼


[パール金属] 驚きの軽さ ブルーダイヤモンドコート

重量:481g
サイズ:20cm、26cm、28cm、30cm、深型20cm、深型28cm、玉子焼


[和平フレイズ] 軽量ダブルマーブルコート クックデリー

重量:550g
サイズ:20cm、26cm、深型24cm、深型28cm、玉子焼


[タフコ] 軽量ダイヤモンドコーティング フライパン

重量:550g
サイズ:20cm、26cm、28cm、深型24cm、深型28cm、玉子焼

クリビー

IH対応の軽いフライパンよりガス火専用の軽いフライパンの方が軽くなっています。ガスコンロで3年以上使う予定の方はガス火専用を選択するのをおすすめします。

軽い鉄フライパンのおすすめ

鉄フライパンは材質が鉄ですので、基本的に重いです。

しかし世の中には超軽量の鉄フライパンもありますよ。

[リバーライト] 極ジャパン

リバーライト 極 ジャパン フライパン 26cm J1226

リバーライト 極 ジャパン フライパン 26cm J1226

6,178円(11/15 23:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

重量:950g
サイズ:16cm、18cm、20cm、22cm、24cm、26cm、28cm

クリビー

日本製の鉄フライパンです。最近では鉄フライパン=リバーライトの極ジャパンというまでに認知度があがっています。品質もよく、「初めて鉄フライパンを購入しようと思う。」という方におすすめですよ

[パール金属] 深型 鉄フライパン ブラゾン

重量:920g
サイズ:26cm、深型28cm、深型30cm、玉子焼き

[アークランドサカモト] PRO SERIES 鉄フライパン

PRO SERIES 鉄フライパン 26cm

PRO SERIES 鉄フライパン 26cm

1,569円(11/15 23:42時点)
Amazonの情報を掲載しています

重量:924g
サイズ:16cm、18cm、20cm、22cm、24cm、26cm、28cm、30cm、32cm

【注意】フライパンは軽ければ軽いほどいい?

軽いフライパンのおすすめを見ていると、「軽いフライパン」ほどいい商品と思いがちですが、軽いフライパンほど良い。というのは間違いです。

軽いフライパンにはメリット・デメリットがあります。きちんと自分にあったフライパンを選びましょう。

下のメリット・デメリットをみると実は軽量を優先する必要はなかった。ということも…

軽いメリット

  • 洗い物がラク
  • 片手で持ちながら調理できる
  • 比較的安価

軽いデメリット

  • 調理中フライパンがぐらつく、動くため不安定
  • フライパンの底が薄いため熱の入りにムラが出来やすい

フライパンが多少重くても疲れない、という人は軽いフライパンよりもある程度重さのあるフライパンを選択することをおすすめします。