【人気】ジャパニーズウイスキーのおすすめ銘柄!どこのメーカーのウイスキーが有名?

ジャパニーズウイスキーのおすすめ-min

最近はハイボールが人気になったことから、ウイスキーの人気が高まっています。数あるウイスキーの中で、日本のウイスキーであるジャパニーズウイスキーは断トツの知名度と人気があります。

自分好みの日本のウイスキーがある人も多いのではないでしょうか?おすすめのジャパニーズウイスキーの銘柄や有名なメーカーをご紹介します。

おすすめのジャパニーズウイスキーの銘柄

ジャパニーズウイスキーの種類も様々ありますが、おすすめの銘柄をご紹介します。

サントリー 山崎

サントリー シングルモルト ウイスキー 山崎 700ml

サントリー シングルモルト ウイスキー 山崎 700ml

7,590円(11/20 15:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

大阪府三島郡にサントリーの山崎蒸留所はあります。山崎蒸留所は国内で一番最初にできた蒸留所です。そこで製造されているのが、世界に誇る山崎です。ミズナラ樽貯蔵モルトとワイン樽貯蔵モルトなどをブレンドしてできている、シングルモルトウイスキーです。華やかな香りとなめらかな味わいが素晴らしいのです。

サントリー 響 JAPANESE HARMONY

サントリーウイスキー 響 JAPANESE HARMONY 700ml

サントリーウイスキー 響 JAPANESE HARMONY 700ml

6,134円(11/20 14:19時点)
Amazonの情報を掲載しています

サントリー 響はブレンデッドウイスキーの最高峰と言われるほど、奥深くやわらかい味わいと香りがします。「日本人の心」をコンセプトに作られていて、世界でも高く評価されています。

JAPANESE HARMONYはノンエイジウイスキー。華やかで飲みやすいのが特徴です。サントリーのウイスキーの歴史の中で多彩な原酒と匠の技が集結したこだわりのウイスキーなのです。

ニッカ 竹鶴ピュアモルト

竹鶴ピュアモルト 700ml

竹鶴ピュアモルト 700ml

3,272円(11/20 19:04時点)
Amazonの情報を掲載しています

ニッカウイスキーの竹鶴ピュアモルトは、ニッカ創業者である竹鶴政孝氏の名前がそのまま使われた、想いの詰まったピュアモルトウイスキーです。シェリー樽モルトとリメード樽モルトのバランスの取れた、まろやかで柔らかい味わいと香りが楽しめます。重厚感がありますが、キレの良いさわやかな余韻があります。

ニッカ シングルモルト余市

シングルモルト 余市 700ml

シングルモルト 余市 700ml

4,099円(11/20 15:27時点)
Amazonの情報を掲載しています

ニッカの創業者である、竹鶴政孝氏がスコットランドに近い気候として選んだのが北海道の余市でした。そこで生まれたシングルモルトウイスキーが余市です。スコッチウイスキーの特徴的なスモーキーな香り、重厚な味わいが楽しめます。ニッカウイスキーの原点ともいえる力強いウイスキーなのです。

有名なジャパニーズウイスキーのメーカー

ジャパニーズウイスキーのメーカーはすぐに思い浮かべることができる人も多いかもしれません。日本のウイスキーの有名メーカーを見てみましょう。

サントリー

サントリーは有名な飲料メーカーで、ウイスキーも多く製造販売されています。1899年に鳥井信治郎氏によって創業されました。日本で初めて本格的なウイスキーを製造したのがサントリーです。次のような銘柄があります。

  • 山崎
  • 白州
  • 角瓶
  • トリス

改良や工夫が重ねられ、モルト原酒にこだわりのある山崎のようなウイスキーから、低価格で楽しめるようなトリスなど様々な銘柄があります。1961年にはアメリカでジャパニーズウイスキーとしての初めてのラベル登録承認を受けました。

ニッカ

日本のウイスキーを語る上で、ニッカの創業者であるマッサンこと竹鶴政孝氏は、欠かせません。竹鶴氏は1934年に北海道余市に「大日本果汁株式会社」を設立しました。それが略されて「日果(ニッカ)」となったのです。

竹鶴氏はサントリーの前進である寿屋でウイスキー製造をしていましたが、よりスコットランドに近いところでウイスキー作りがしたいという想いで独立したのです。次のような銘柄があります。

  • 余市
  • 竹鶴
  • ブラックニッカ

伝統的なスコットランド仕込みのウイスキー作りをしています。日本人に本物のウイスキーを届けたいという情熱は今も受け継がれています。現在はアサヒビールと統合しています。

キリン

キリンは、ビールが有名ですがウイスキー製造もしています。静岡県御殿場市に1973年に開設された、富士御殿場蒸留所を持っています。そこで、代表銘柄である、「富士山麓」や「ロバートブラウン」などを製造しています。

御殿場の気候は、スコットランドのハイランド地方に気候が良く似ていたのです。日本で日本人に合ったウイスキーを作りたいという想いで作られています。

安くておすすめのジャパニーズウイスキーの銘柄

シングルモルトウイスキーは価格が高いものもありますが、毎日飲めるような低価格の庶民の味方である銘柄もあります。安くて美味しいウイスキーがあれば、家でも楽しめますよね。

サントリー 角瓶

サントリー ウイスキー 角瓶 700ml

サントリー ウイスキー 角瓶 700ml

1,330円(11/20 14:19時点)
Amazonの情報を掲載しています

サントリー角瓶は、ウイスキーを飲んだことがない人でも、一度は見たことがあるシルエットなのではないでしょうか?1937年、サントリーの創業者によって十数年の歳月をかけて作られたのです。甘い香りですが、ドライな後味で食事との相性も抜群です。

ニッカ ブラックニッカクリア

ブラックニッカ クリアブレンド 37° 700ml

ブラックニッカ クリアブレンド 37° 700ml

727円(11/20 14:19時点)
Amazonの情報を掲載しています

ブラックニッカクリアは、ひげの男性のラベルでおなじみの、ニッカの代表銘柄です。クセのない柔らかな香りで、飲み飽きません。ハイボールでも水割りでも美味しいブレンデッドウイスキーです。

サントリー トリスクラシック

サントリー ウイスキー トリス クラシック 700ml

サントリー ウイスキー トリス クラシック 700ml

677円(11/20 19:04時点)
Amazonの情報を掲載しています

サントリーのトリスクラシックは、戦後の日本での国産ウイスキーの代表です。そしてトリスハイボールは現在でも人気。甘口で飲みやすく、水割りやロックなどいろいろな楽しみ方ができます。家飲みでもいろいろと楽しむことができますね。

ジャパニーズウイスキーの特徴

日本でできているジャパニーズウイスキーですが、詳しくはどのような特徴があるのでしょうか?

ジャパニーズウイスキーとは

ジャパニーズウイスキーは、「世界5大ウイスキー」の一つとして、世界からも評価が高いウイスキーになります。日本では、ニッカの創始者である竹鶴政孝氏がスコットランドのウイスキー(スコッチウイスキー)の製法を持ち込んだことにより、スコットランドの流れを濃く受け継いでいます。

日本では食事と一緒にお酒を飲むという文化があるので、食事と楽しめるように淡麗で辛口のものがあるのが特徴と言えます。スコッチウイスキーのように、独特の香りがあるものから、食事と一緒に楽しめるものまで、日本人の味覚や食生活に合わせて、幅広く取り揃えられているのも楽しいですよね。

ジャパニーズウイスキーの条件

ジャパニーズウイスキーは、アメリカのバーボンやスコッチウイスキーのような細かな定義がありません。輸入した原酒であっても、国内でブレンドすれば「国産」と表示することも出来るのです。

このようなことは、他の「世界5大ウイスキー」の中ではありません。現在は、日本洋酒酒造組合でジャパニーズウイスキーの定義を作ることを検討しています。

ジャパニーズウイスキーの現在

少し前まではウイスキーと言えば「中年のおじさんのお酒」というイメージが強い物でした。しかし、現在はハイボール人気から、ジャパニーズウイスキーの需要が拡大しています。この最近の10年間で約5倍以上に消費量が増えました。そこで、問題となっているのは、原酒不足ということ。

最近の人気は単一蒸留所のモルト原酒のみを使ったシングルモルトウイスキーという種類です。しかしモルト原酒は大量生産できません。そして最低でも3年、長いものだと30年以上熟成させて作るので、作り始めてから販売できるまでには長い時間がかかるのです。

需要と供給が間に合っておらず、サントリーの「白州12年」や「響17年」の販売が休止されることになっています。

ジャパニーズウイスキーの種類

ジャパニーズウイスキーにも、いろいろな種類があるのをご存知でしょうか?どのようなウイスキーがあるのかご紹介します。

シングルモルト

シングルモルトは一つの蒸留所から作られているので、蒸留所のこだわりを強く感じることができます。味わいが個性的なものが多い傾向にありますが、麦芽本来の味わいを感じられるので、人気が高いのです。価格も高くなってきます。「山崎」、「白州」、「余市」、「宮城峡」などがあります。

グレーンウイスキー

グレーンウイスキーは麦芽だけでなく、トウモロコシや小麦、ライ麦などが原料となっているウイスキーです。マイルドで口当たりが良く飲みやすくなります。ブレンデッドウイスキーの原酒として使われることが多いので、グレーンウイスキー単体はあまりありませんが「知多」が有名です。

ブレンデッドウイスキー

複数の原酒をブレンドすることで、味わいや香りのバランスが取れた飲みやすいウイスキーとなります。飲みやすさから初心者の方にはおすすめです。流通量が多く、手頃な価格で購入できるものが多いのも嬉しいですよね。「角瓶」、「響」、「オールド」などがあります。

ジャパニーズウイスキーを楽しもう!

ジャパニーズウイスキーは、現在のハイボール人気の中で人気になっています。海外のウイスキーももちろん美味しいものがありますが、日本人に合ったウイスキーということで、好んで飲む人も多いのです。

スコッチウイスキーの製造方法が取り入れられていますが、ジャパニーズウイスキーは日本の四季や日本の文化に合わせて作られています。繊細ですが重厚感のあるウイスキーは世界でも評価されています。

いろいろな価格や味わいのものがありますので、自分の好みのものを見つけてみて下さいね。飲み比べをしてみるのも楽しいかもしれませんよ。