【人気】アメリカンウイスキーのおすすめ銘柄!どこのメーカーのウイスキーが有名?

アメリカンウイスキーのおすすめ-min

今、ウイスキーの人気が高まっています。そして、ウイスキーにも種類があるのをご存知ですか?日本のウイスキーも美味しいですが、アメリカの「アメリカンウイスキー」も有名です。

アメリカンウイスキーはどのようなものなのでしょうか?おすすめの銘柄やメーカーをご紹介します。

アメリカンウイスキーのおすすめ銘柄

アメリカンウイスキーは「世界5大ウイスキー」の中の一つ。軽くて飲みやすいことで知られています。おすすめの銘柄をご紹介します。

ジャックダニエル オールドNO,7

ジャックダニエル ブラック 700ml

ジャックダニエル ブラック 700ml

1,922円(06/27 09:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

ジャックダニエルオールドNo,7は、バニラやキャラメルなどの甘いまろやかな香りが魅力的なバランスの良いウイスキー。テネシーウイスキーとして、アメリカを代表するプレミアムウイスキーです。単一銘柄としては、世界で最も売れていると言われています。

ジムビーム(ホワイト)

バーボンウイスキー ジムビーム 700ml

バーボンウイスキー ジムビーム 700ml

1,133円(06/27 07:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

女優のローラさんがかっこいいCMをしていることから、ジムビームの知名度は高いのではないでしょうか?ジムビームホワイトは、コンビニなどでも販売されていて、手頃な価格が嬉しいところ。

クセが少なく、花のような香りやバニラのような香りがマイルドで、甘みも感じられる飲みやすいバーボンウイスキー。ハイボール用としても人気です。

アーリータイムズ イエローラベル

アーリータイムズ イエローラベル 700ml

アーリータイムズ イエローラベル 700ml

1,234円(06/27 09:54時点)
Amazonの情報を掲載しています

アーリータイムズイエローラベルは、アーリータイムズのロングセラー商品です。1860年に誕生してから、バーボンの代表的な銘柄として世界中で愛されています。甘く華やかな香りがありますが、キレの良い味わいです。

それは、仕上げの工程に活性炭で濾過しているので、熟成中の不純物も除去されているから。毎日飲めるウイスキーと言われています。

有名なアメリカンウイスキーのメーカー

アメリカンウイスキーのメーカーは様々ありますが、上であげた銘柄を作るメーカーはやはり有名です。

ジャックダニエル

ジャックダニエルはアメリカのテネシーウイスキーを代表するメーカーです。特に上で紹介した「オールドNo,7」は世界中で愛されている代表銘柄です。

アメリカ最古の蒸留所であるダニエル蒸留所が作り出すテネシーウイスキーの製法は100年以上受け継がれている伝統的なもの。「チャコールメローイング製法」という製法で一滴一滴を丁寧にろ過して作られているのです。

サトウカエデの木炭でゆっくりとろ過されることで、ジャックダニエルのまろやかで優しい口当たりと甘さが生まれるのです。

ジムビーム

ジムビームは日本ではサントリーによって販売されていますが、200年以上の歴史のあるメーカーです。1973年以来売り上げは世界一で、バーボンウイスキーの約40%を占めています。

秘伝の酵母と伝統の製法で作られているジムビームのバーボンは、まろやかで飲みやすいことで人気です。バーボンを初めて飲むという方にも人気です。

アーリータイムズ

アーリータイムズは、バーボンウイスキーで有名なメーカーです。ケンタッキー州の自然の恵みと、開拓時代の移民たちの優れた酒造りの技が、美味しいアーリータイムズを生み出したのです。

1920年にアメリカ全土で禁酒法が施行されましたが、アーリータイムズは医師が処方する薬用ウイスキーとして認められていたという歴史があります。

アメリカンウイスキーの特徴

アメリカンウイスキーには次のような特徴があります。

アメリカンウイスキーの特徴

  • 原材料が穀物類である(トウモロコシ、大麦、ライ麦など)
  • 熟成にオーク樽が使われている
  • 40%以上のアルコール度数である

オーク樽で熟成をされているので、バニラのような個性的な香りがするものが多いのが特徴です。

アメリカで生産されたウイスキーというだけでなく、「連邦アルコール法」によって決められた定義を満たさなければなりません。ただし、「アメリカンウイスキー」という記載は義務付けられていないので、自分で確認をする必要があります。

アメリカンウイスキーの種類

アメリカンウイスキーの特徴を紹介しましたが、良く聞かれるのが「バーボン」や「テネシー」というウイスキー。それぞれ、どのようなウイスキーなのかご紹介します。

バーボン

バーボンは、トウモロコシが原料というのは知っている人も多いのではないでしょうか?細かく言うと、次のような定義があります。

バーボンの定義

  • 原料の51%がトウモロコシである
  • アルコール度数80%以下で蒸留する
  • 内側を焦がしたオークの新樽で、アルコール度数62.5%以下で樽詰めをして熟成させる
  • アルコール度数40度以上でボトリングする

味は、主原料がトウモロコシなので甘い印象になります。蒸留所によってレシピは異なるので、同じバーボンといっても銘柄によって様々な味わいや香りが楽しめます。トウモロコシだけでなく、ライ麦や小麦などが使われることもあります。

テネシー

テネシーウイスキーは、連邦アルコール法で分類されてはいないですが、バーボンウイスキーの中の一つになります。テネシー州で製造され、サトウカエデの木炭によって濾過されたものをテネシーウイスキーと言います。スモーキーでフルーティーな香りやのどごしが滑らかなので飲みやすいウイスキーです。

ジャックダニエルは、バーボンと捉える人が多いのですが、テネシーウイスキーという分類になるのです。

アメリカンウイスキーを美味しく飲もう

アメリカンウイスキーは現在はコンビニなどで気軽に売られていて、すでに身近なものになってきています。アメリカンウイスキーと言えば、バーボンというトウモロコシが主原料のウイスキーが有名。味わいも甘い印象で、熟成されているのでバニラのような個性的な芳醇な香りも特徴的です。

有名銘柄は歴史のあるものが多く、世界中で愛飲されています。価格は手頃なものが多く、日常的にハイボールなどで楽しめそうです。甘い香りや味わいで飲みやすく、自分好みのアメリカンウイスキーを探して、楽しんで見て下さいね。