【2019】セラミックフライパンのおすすめ商品!抑えておきたい選び方

セラミックフライパンとは、選び方からおすすめ商品-min

近年、よく巷で目にするセラミックフライパン。

表面は白く、外側がカラフルで、実におしゃれなフライパンなだけに、一度購入して使ってみたいという人も多いです。

ただ、同時に、『セラミックフライパンって使い勝手は良いの?』、『焦げ付きとか起こりにくいの?』など、不安な声も多く聞かれます。

そこで、本記事では、セラミックフライパンのメリット・デメリット、使い始め、手入れの方法、タイプ別のおすすめ商品をご紹介します。

また、よくある質問・疑問とその答えもまとめておきましたので、ぜひ、セラミックフライパン購入の参考としてみてくださいね。

セラミックフライパンとは?

基本的にセラミックフライパンは表面をセラミックでコーティングしたフライパンを総称して『セラミックフライパン』と言います。

例えば、ステンレスでアルミを挟んだタイプのフライパンに、表面をセラミックで覆ったタイプのフライパンもセラミックフライパンと考えてください。

そもそも、セラミックは、固くて傷が尽きづらい陶磁器のようなものです。

基本的にステンレスも傷つきづらい素材ですが、更に傷つかず頑丈にするために、セラミック加工を施している…

そのように考えると、一つのメリットとしてセラミックフライパンの意味が見えてきますね。

また、ステンレスではなく、アルミや銅などの強度の弱い素材となると、セラミックを表面に施し強度を増す価値は跳ね上がります。

このように、より強度を増し、長い間使えるフライパンとして、セラミックフライパンは必要とされているわけです。

セラミックフライパンのメリット(良いところ)

先程、フライパンの強度を増す役割を持っているというお話をしましたが、当然、セラミック加工を施す目的はそれだけではありません。

私達が、日々料理を作る際、セラミックフライパンを利用する上で、他にもメリットたくさんあります。

耐熱温度が高く安全性に優れている

同じコーティングされたフライパンにフッ素加工タイプのものがあることは、皆さん知っていますか?

よく、テレビCMでも紹介されているので、なんとなく聞いたことがあるという人も少なくないはず…

しかし、フッ素加工のフライパンは、あまり加熱しすぎてしまい、フライパンの温度が390℃に達してしまうと、熱分解してしまい有毒ガスが発生!

そのため、扱い方を間違えると非常に危険なのです。

もちろん、フライパンの温度が390℃というのはあまりにも異様な使い方であり、よほど空焼きしていない限り、その温度に達することはありません。

なので、180℃~200℃で普通に使用している限りは、なんの問題も無く使えます。

とはいえ、有毒ガスが発生するリスクが有ると知れば、どうしても不安になってしまうものです。

そこで、セラミックフライパンの耐熱性の強さが一つのメリットとして注目されているわけ。

耐熱温度が高いと何が良いの?

ここまでお話してきたことを踏まえて考えれば、なんとなく耐熱温度が高いことのメリットも想像しやすいはず…

端的に言えば、熱分解が発生しづらくなるため、機能性を損なうことなく安全性においても担保されやすいのです。

ましてやセラミックフライパンは、熱分解による有毒ガスの発生は無く、非常に安心して使えます。

セラミックフライパンの最大耐熱温度は?

ちなみに、耐熱温度は最大450℃(一般的には約400℃と言われていますが…)まで大丈夫と言われています。

あくまで、最大450℃であり、400℃を超えたら危ないと考えるべきですが、いずれにしても、普段使用で400℃を超えることはまずありません。

ただし、変な使い方をする人がいることも事実で、高温で空焼きし、放置しておいたら400℃を超える可能性も十分ありえます。

そのことを考えると、セラミックフライパンの、耐熱温度最大450℃まで対応可能という機能性は、安全性で非常にメリットと言えるのです。

一見、耐熱温度が最大450℃まで対応可能でも意味はないと考えがちですが、万が一に備えて、より安全に使えるという意味合いでは非常に重要…

より安全に美味しく調理できるメリットとして、ぜひ、頭の片隅に入れておいてくださいね。

焦げ付きにくい(ただし使い方に注意が必要!)

セラミックフライパンは、他の素材のフライパンと比較して、粘着性が薄く、食材がフライパンにくっつきにくいため、焦げにくいと言われています。

確かに焦げにくいことに違いはないのですが、油を引かずに調理ができるというわけではありません。

あくまで油を引いて正しく使用することが大前提。

比較的少量(大さじ1杯)で良いと言われていますが、毎回調理の際には油をフライパンになじませる必要があります。

それを怠ると、いくらセラミックフライパンが焦げにくいといっても、機能性が劣化してしまい、使用期間と共に焦げやすさも増すので注意が必要!

セラミックフライパンの焦げにくさは、一つのメリットですが、必ず、油をフライパンになじませ、長持ちさせることも覚えておきましょう。

丈夫で長持ちしやすい

冒頭にもお話しましたが、セラミックは、ステンレス以上に頑丈で、陶器と同じく、たとえ熱しすぎても有毒ガスが出ることはありません。

安全性だけでなく、耐久性が高く長持ちしやすい点でも非常にメリットが高いと言えますね。

使い方を間違えると脆く壊れやすい一面も…

ただし、頑丈なのは、正しく使った上での話…

陶器のような性質のセラミックは、強い衝撃には弱く、むやみに落下させたり、金属タワシで力任せにゴシゴシこすりつけたりすると壊れることも…

つまり、まっとうな使い方ではなく、乱暴に扱えば、鉄・ステンレス以上に傷つきやすく壊れやすいといわけ。

正しく使えば、間違いなく長持ちできる!

もちろん、普通に正しく使うのであれば、他の素材よりも耐久度は高く長持ちします。

金属タワシではなく、普通のスポンジたわしや、プラスチック性のヘラで摩耗する分には、耐久度としては、他の素材よりも非常に高く優れています。

後ほど、手入れ方や扱い方もご紹介していきますが、扱い方さえ間違えなければ、間違いなく耐久度は高いことを覚えておいてくださいね。

弱火でも火が通りやすく、ガス代節約に繋がる

一部では、セラミックフライパンは、熱伝導率が非常に優れ、火が通りやすく光熱費が節約できるとも言われています。

ただし、厳密には、セラミック加工だからといって、必ずしも熱伝導率が高いとは限りません。

元々、セラミックは、無機化合物を指し示す言葉として使われ、本来はセラミックスと複合系で使うべき素材です。

あまり細かくいうと話がややこしくなるので、ここでは控えておきますが、セラミックといっても、ベースとなる素材はいろいろあります。

中でも、炭化ケイ素を使ったセラミック加工は、熱伝導性が高いと言われていますが、それでも銅・アルミには遠く及びません。

決してセラミック=熱伝導力が高いというわけではないのです。

セラミックフライパンの熱伝導率が高いと言われる理由

では、何故セラミックフライパンの熱伝導率が高いと言われているのでしょうか?

答えは、2つあります。

一つは、セラミック加工により、遠赤外線効果を持ち、熱が広がりやすく作られていること。

そして、もう一つは、セラミックそのものの、熱伝導率の低さを、アルミ・銅でカバーしていることの2点が主な理由。

それでは、もう少し掘り下げて説明していきますね。

セラミックフライパンは、ハイブリッドタイプのフライパン

セラミックフライパンの多くは、別の素材(アルミ・ステンレスなど…)を組み合わせたフライパンの表面をセラミックでコーティングしています。

そのため、アルミの熱伝導率の高さを活かした上で、セラミックの遠赤外線効果を受けることが可能です。

つまり、アルミの熱伝導率の高さと、セラミックの遠赤外線効果による熱の広がりという、両者の長所を組み合わせ、熱伝導率の高さを実現しています。

もっとわかりやすく言えば、電気とガソリンを利用して走行するハイブリッド自動車のようないいとこ取りのフライパンと言えますね。

もちろん、セラミックフライパンといっても、各メーカーがリリースする商品によって、その個性は千差万別。

なので、より熱伝導率の高いフライパンをの止めているのであれば、アルミ&セラミック性にこだわりを持って選ぶべき!

そして、単純にじわじわと遠赤外線による熱伝導を求めるなら、アルミではなく少しでも頑丈で保温性の高いステンレスと組み合わせたものを選ぶべき。

このように、素材による熱伝導率の高さの本当の意味を知ることで、より目的に応じたセラミックフライパンを選ぶ判断基準が出来ます。

また、より目的に適したセラミックフライパを選ぶことで、光熱費の節約にも繋がるので、少しややこしい話ですが、しっかり覚えておきましょう。

見た目がオシャレで、調理中気分が上がる!

セラミックフライパンは、デザイン的にもおしゃれなものが非常に多いです。

そのため、調理中の気分が上がるからという理由で購入されている方も実に多い!

確かに表面が白く、外側がグリーンやピンクといったカラフルなフライパンもありますし、何よりも清潔感が高く、非常におしゃれで魅力を感じます。

機能性・実用性が重視されるフライパンの中で、インテリアという概念で見た目がおしゃれなフライパンなら、気分が盛り上がりますよね。

料理をする際に気分が盛り上がるという要素も、調理する上で非常に重要ですし、大きなメリットです。

ぜひ、おしゃれ要素も加味して、一度セラミックフライパンを試してみてくださいね。

実用性・オシャレ感共に優れたセラミックフライパン(小まとめ)

以上、セラミックフライパンの主なメリットです。

耐久性・耐熱性が高いことはもちろんのこと、おしゃれにも気を配り、使っていて実に楽しく役に立つフライパンがセラミックフライパンの良いところ。

ぜひ、その良いところ(メリット)を存分に体感してみてください。

きっと、日々の料理との関わり合いも大きく向上していきますよ

セラミックフライパンのデメリット(悪いところ)

セラミックフライパンは、実用性・機能性だけでなく、見た目のオシャレ感など、実に差多くのメリット(良いところ)を持っています。

ただ、一方では、デメリット(悪いところ)があるのも事実。

では、セラミックフライパンを使用する上での、デメリット(悪いところ)を見ていきましょう。

弱火・中火での使用を求められる

セラミックフライパンは、ものにもよりますが、アルミの熱伝導の良さやセラミックの遠赤外効果が合わさり、非常に熱伝導が優れています。

そのため、強火で調理し続けてしまうと、逆に食材を熱しすぎ焦げの原因になりかねません。

どうしても早く熱を伝え短時間で調理したいという思いから、強火で調理しがちですが、セラミックフライパンでは強火での使用はNG。

弱火・強火でじっくり熱を加え調理する仕様となっているので、高い火力での使用を求める人にはデメリットと言えます。

ただし、フライパン全体に熱が伝われば、弱火・強火でも十分加熱できるので、あまり心配せずに使いましょう。

空焼きはNG

サビつき・焦げ付き防止として、鉄フライパンでも見られる空焼きですが、セラミックフライパンは、空焼きは基本NG。

確かに、一部では、『空焼きしましょう』と推奨する情報サイトもありますが、決して煙が出るほど空焼きすることを推奨しているわけではありません。

先程もお話した通り、セラミックフライパンの最大耐熱温度は450℃もあり、多少熱いくらいでは、壊れることはありません。

しかし、たとえ耐熱性があったとしても、鉄やステンレスとは異なり、セラミックはコーティング加工されたものなので、劣化し剥がれてしまうことも…

それでは、せっかくのセラミックコーティングが意味をなさなくなってしまいますよね。

また、あまり空焼きしてしまうと、熱分解を起こしてしまうので、セラミックフライパンで空焼きするのは非常に危険です。

一部情報サイトで空焼きを推奨していますが、正直なところ、空焼きする必要性はあまりありません。

特に、アルミが使われているタイプであれば、熱伝導性もカバーされていますし、遠赤外線効果も加味され、食材に熱が伝わりやすくなります。

なので、空焼きせずに使って大丈夫です。

間違っても長時間空焼きしないよう注意して使ってくださいね。

毎回油を使う必要がある

セラミックフライパンが焦げにくいことは、紛れもない事実です。

しかし、それは、油をフライパンになじませて調理した場合の話で、無水調理や油なし調理が出来るわけではありません。

先程もお話したとおり、調理するたびに、少量で良いとはいえ、油を使わなくてはならず、ヘルシー志向からはややそれてしまいます。

また、油を使うという手間が一つ加わることで、面倒と感じることもあり、その点においてはデメリット。

とはいえ、多少の手間と引き換えに、実用性・機能性・おしゃれ感におけるメリットが得られます。

また、毎回油を使用しなければならないとはいえ、大量の油が必要というわけではなく、大さじ1杯程度で大丈夫なので、それほど負荷にはなりません。

なので、あまり深刻に考え過ぎず、面倒だとしても正しく長く使うために、毎回調理の際には少量の油を使うように心がけましょう。

金たわしや力任せの洗浄はNG

セラミックフライパンは、摩耗しづらく頑丈であることに違いありません。

しかし、それは、スポンジやプラスチックのヘラで摩耗した場合に限ります。

鉄フライパンのように、金たわしで力任せにゴシゴシ洗っても大丈夫というわけではありません。

金属製のたわしで力任せにゴシゴシ洗ってしまうと、強い衝撃が加えられ、折角のセラミックコーティングが剥がれてしまう原因となり注意が必要。

どんなに丈夫なセラミックコーティングだとしても、乱暴に扱えば剥がれてしまい劣化を招くのは当然です。

間違っても力まかせの使い方ではなく、正しい使い方で、より長持ちさせてくださいね。

セラミックフライパンのデメリットは、あまり気になるものではない!(小まとめ)

以上が、主なセラミックフライパンのデメリット(悪いところ)です。

確かに、セラミックフライパンも良いところばかりではありません。

デメリット(悪いところ)があることは紛れもない事実です。

ただ、強引(または乱暴)な使い方をしたり、多少の手間を惜しまなければ、全くデメリットにならないものばかり…

一方、メリットはかなり多く、セラミックフライパンを利用する価値は大いにあります。

ぜひ、デメリットに縛られること無く、セラミックフライパンのメリットを一度体感してみてくださいね。

タイプ別、セラミックフライパンのおすすめ商品とは?

セラミックフライパンといっても、その個性・特徴は、商品によって千差万別です。

では、タイプ別に、どんなセラミックフライパンがおすすめなのかご紹介していきます。

リーズナブルなフライパンが欲しい人におすすめのセラミックフライパン

セラミックや鉄・ステンレスと、いろいろな素材のフライパンはありますが、やはり購入するなら、価格が安くコスパの良いフライパンがほしいですよね。

では、コスパ重視のリーズナブルなセラミックフライパンが欲しい人には、どんなフライパンがおすすめなのか、早速ご紹介していきます。

セラミックフライパン TuRu Cera 26cm

セラミックフライパンのメリットである、焦げ付きにくく少量の油で調理できるメリットを得ながら、それでいて価格が1390円!

こんな驚きのセラミックフライパンが、『セラミックフライパン TuRu Cera 26cm』。

セラミックフライパン TuRu Cera 26cmのおすすめポイント

『セラミックフライパン TuRu Cera 26cm』は、とにかく焦げ付きにくく、目玉焼きだってツルッと滑ってくれるので、非常に調理が楽。

その上、デザインもセラミックフライパン特有のホワイトカラーを表面にコーティングしているので、塩・砂糖を除き、色味のある調味料は判別しやすい!

また、洗う際にも非常に簡単で楽なので、調理で楽をしたいとかが得ている、日々忙しいママさんにはすごくおすすめです。

もちろん、コスパも非常に優れているので、フライパンにあまりお金をかけたくないという人も安心して購入できますよ。

評判の良いレビュー

  • 焼きそばや野菜炒めを作るときに、以前はよく焦がしてしまい、食材を無駄にしていたんだけど、今は焦げ付き無く調理でき料理が楽しくなりました。
  • 洗い物が非常に楽で、コスパも良く、『セラミックフライパン TuRu Cera 26cm』を購入して本当に良かったです。
  • 摩耗に強くて、ゴムベラを使用している程度なら、多少擦ったとしても、傷つかず長持ちしてくれますよ。

以上が、主な評判の良い『セラミックフライパン TuRu Cera 26cm』のレビューです。

多くの人が、コスパの良さを称賛していましたが、そのように感じさせている要因としては、価格のやすさ以上に機能面の充実が挙げられます。

焦げ付きにくさや摩耗に強い耐久性・耐熱性は、多少無理な使い方をしたとしても壊れにくく、安心して使え、それだけでも購入価値は高いです。

その上、1390円で購入できるのであれば、まさに願ったり叶ったりですよね。

実用性・機能性の高いフライパンは、素材にもよりますが、安くても1万円前後~数万円はします。

それが、高価なフライパンと遜色ない実用性・機能性・扱いやすさを持ち1390円で購入できるというのは凄いメリット!

だからこそ、自信を持っておすすめできます。

実用性・機能性・扱いやすさを担保した上で、少しでもコスパの良いセラミックフライパンがほしい!

そういう人は、ぜひ、『セラミックフライパン TuRu Cera 26cm』を試してみてくださいね。

アイリスオーヤマ フライパン セラミック 24㎝ ブルー H-CP-F24

セラミックフライパンに限らず、なんでも便利で安い商品を提供し、高い支持を得ている『アイリスオーヤマ』。

この会社の会長自身が、ユーザー目線で取り扱われるアイテムを厳しくチェックし、やすさ・便利さに不具合があれば商品化を許さない徹底ぶり…

だからこそ、セラミックフライパンにおいても、アイリスオーヤマらしくオリジナリティに溢れ便利で格安な商品が販売されています。

『アイリスオーヤマ フライパン セラミック 24㎝ ブルー H-CP-F24』もその一つ。

『アイリスオーヤマ フライパン セラミック 24㎝ ブルー H-CP-F24』のおすすめポイント

『アイリスオーヤマ フライパン セラミック 24㎝ ブルー H-CP-F24』の最大のおすすめポイントは、セラミック特有の赤外線効果の高さにあります。

基本的にセラミックフライパンは、正しい使い方であれば、焦げにくく扱いやすさが一つの魅力。

そして、もう一つの魅力である赤外線効果の高さをかけ合わせ、如何にして焦げにくくしっかり火が入れられるかを追求したフライパン…

しかも価格が、わずか2180円と激安!

2千円ちょっとの安価で、焦げにくく、他のフライパンよりも赤外線効果をもたらすコスパの高いセラミックフライパンだから、非常におすすめ!

評価の良いレビュー

  • 遠赤外効果もあったのか、苦手だったハンバーグがふっくらしてとても美味しく焼けたのには感動しました。心から購入してよかったと思っています。
  • 価格も安くカラフルなデザインもGOOD。料理をしていて非常に気分も上々で毎日が楽しくなりました。
  • セラミックコーティングで焦げにくいので油も少量でOK。調味料の分量も分かりやすくヘルシーに作れて家族にも喜ばれています。
  • フライパンそのものが扱いやすく、また光熱費もそれほどかからず経済的。汚れも落ちやすく水道代も若干節約できました。

以上が、『アイリスオーヤマ フライパン セラミック 24㎝ ブルー H-CP-F24』の評価の良いレビューです。

フライパンに求める機能・実用性というと、大抵が、料理のしやすさや、フライパンそのものの使い勝手の良さを求める人が多いですよね。

『アイリスオーヤマ フライパン セラミック 24㎝ ブルー H-CP-F24』に対しても、まさに同じでした。

多くの方たちが、少しでも手軽に美味しい料理を作りたくて、なおかつコスパに優れたフライパンを求めた結果、セラミックフライパンに着目…

中でも遠赤外線効果が高く格安で購入できる『アイリスオーヤマ フライパン セラミック 24㎝ ブルー H-CP-F24』を購入し、高く支持しています。

ハンバーグって、結構作るのが大変で、以外にも焼き方で失敗している人が多いんです。

それがふっくらおいしく焼けて嬉しいと言うのですから、その時の喜びは相当だったと想像できます。

このように、焦げにくく、料理が美味しく作れて、さらにコスパが良いセラミックフライパンだからこそおすすめなのです。

ぜひ、みなさんも、この遠赤外線効果の高さを、『アイリスオーヤマ フライパン セラミック 24㎝ ブルー H-CP-F24』を使いながら体感してみてくださいね。

軽量で使い勝手の良いものを求めている人向けのセラミックフライパン

今や、家事も夫婦分担制の時代になり、料理好きの男性も増えてきているので、多少、セラミックフライパンが重くても気にしない人は少なくありません。

しかし、セラミックフライパンを使う女性の中には、より軽いものを求めている人がいるのも事実。

そこで、軽量で扱いやすいセラミックフライパンをご紹介していきます。

ビタベルデ フライパン 26cm IH対応 コンテンポ ターコイズ マグニート

『ビタベルデ フライパン 26cm IH対応 コンテンポ ターコイズ マグニート』は、ベルギー生まれのヘルシーフライパン。

ヘルシーフライパンと位置づけて販売しているだけあって、扱いやすさ、価格の低さ、健康的志向の3つに重点を置いて設計されたフライパンなのです。

そもそもセラミックコーティングを施しているのも、重くなりすぎず、かつ熱が伝わりやすく焦げづらいメリットを考慮してのもの…

もちろん、いくら便利になったとしても、フッ素加工のフライパンのように、熱しすぎて有毒ガスを排出しては意味がありませんよね。

その点も、『ビタベルデ フライパン 26cm IH対応 コンテンポ ターコイズ マグニート』はしっかり考慮してくれています。

サーモロンという砂と同じミネラル成分で出来た素材をセラミックコーティングすることで、安全かつ便利なセラミックフライパンに仕上げているのです。

つまり、機能は十分担保した上で、女性でも持ち運びが楽になるような軽さを実現している…

そんなセラミックフライパンが『ビタベルデ フライパン 26cm IH対応 コンテンポ ターコイズ マグニート』であり、非常におすすめなのです。

評判のいいレビュー

  • 熱伝導が良く、弱火~中火でしっかり火が通り、何よりこびりつかないので洗いやすく非常に便利です。
  • ガス代だけでなく洗剤の節約にも繋がり、経済的で環境面にも優しいところが気に入りました。
  • 『ビタベルデ フライパン 26cm IH対応 コンテンポ ターコイズ マグニート』を購入し3ヶ月経ちましたが、着色・変形は見られず長持ちし気に入りました。
  • 女性の私でも軽く感じますし、非常に扱いやすいので、目玉焼きや焼きそばなどいろいろ調理しても苦にならず、料理が楽しくなりました。
  • 色がカラフルなのも非常に高ポイント!気分も盛り上がり、日々の料理が楽しいです。

以上が、『ビタベルデ フライパン 26cm IH対応 コンテンポ ターコイズ マグニート』の主な評判の良いレビューです。

やはり、扱いやすさ、軽さを評価されているユーザーは多かったですね。

どうしてもセラミックコーティングを施すと、その分若干重くなる印象を持たれがちですが、決してそういうわけではありません。

ステンレスや鉄のみで構成されているフライパンよりも、セラミックコーティングが織り交ぜられている方が間違いなく軽いです。

また、『ビタベルデ フライパン 26cm IH対応 コンテンポ ターコイズ マグニート』は、
成分的により軽い素材でコーティングされています。

コーティングされている素材は、セラミックの中でも砂と同じミネラル成分。

ジルコニアやチタン成分が含まれるセラミックコーティングよりも軽いと言われ、非常に扱いやすいので、非力な女性にはおすすめ。

もちろんフッ素加工のフライパンと比較して、有毒ガスが発生する恐れは一切ありませんし、安全に使えるというのも高評価のポイントとなっています。

なお、価格は2,689円とお手頃価格なので、熱・摩耗にも強く、それでいて軽く扱いやすい安全・安心なフライパンなら購入する価値は高いですよね。

また、デザイン的にもカラフルで気分が上がり、料理をするのが非常に楽しくなりますよ。

セラミックフライパンに軽さや使いやすさを求めるなら、『ビタベルデ フライパン 26cm IH対応 コンテンポ ターコイズ マグニート』を試してみてくださいね。

お手入れが楽なフライパンを求める人へおすすめのセラミックフライパン

価格のやすさ、軽さは、フライパンを購入する際に非常に大きなポイントです。

しかし、最も多くの人達が、フライパンに求めているのは、お手入れが簡単なセラミックフライパンなはず…

では、よりお手入れが簡単で、気軽に使えるセラミックフライパンをご紹介しますね。

京セラ ソース&ディープパン 24cm

京セラ ソース&ディープパン 24cm CF-24SB-WBU

京セラ ソース&ディープパン 24cm CF-24SB-WBU

2,686円(11/11 12:26時点)
Amazonの情報を掲載しています

これまでも、多くのセラミック関連商品を手がけ、多くのユーザーから高い支持を得ている企業『京セラ』。

そんな京セラが手がけたセラミックフライパンが、『京セラ ソース&ディープパン 24cm』です。

『京セラ ソース&ディープパン 24cm』は、セラミックコーティングにより汚れが落ちやすいのが特徴のセラミックフライパン。

もちろん、より長く使うために、調理前の油ならしはしておいたほうが良いですが、他の手入れはそれほど必要ありません。

使い終わったときもスポンジで軽く撫でるように洗えばきれいに汚れは落ちますし、非常に使い勝手の良いセラミックフライパンなので超オススメ。

評価の良いレビュー

  • オムレツを作ったときも、鍋肌を焦がすようにお皿に移せましたし、とにかくこびりつくことがあまり無く、洗う際に力がいらずに非常に簡単です。
  • とにかく『京セラ ソース&ディープパン 24cm CF-24SB-WBU』は、スポンジで軽く撫でるように洗うだけで良いので、毎日負担なく楽しく料理が出来ています。
  • フライパン全体が均一に熱くなり、熱の伝わりが非常に良い割に、中火・弱火で正しく使えばこびりつきはほとんどありません。
  • こんがり焼き色が付いたステーキ肉を菜箸で押しただけで、スーッと動くのには感動しました。
  • 鉄フライパンのように空焼きの必要がない(むしろしてはいけない…)のも気に入りました。使い勝手も良く重宝していますよ。

以上が、『京セラ ソース&ディープパン 24cm CF-24SB-WBU』の評価の良かったレビューです。

やはり、多くのユーザーたちが、洗いやすさ、汚れの落ちやすさを中心に、手入れのしやすさを挙げていますよね。

鉄・ステンレスフライパンとは異なり、『京セラ ソース&ディープパン 24cm CF-24SB-WBU』は、基本、手入れの必要性はそれほど高くありません。

それでいて、こびりついた汚れも落ちやすく、後片付けも非常に楽なフラパンなので、非常におすすめです。

価格も3010円なので、比較的手の届きやすいお手頃価格ですし、後片付けやフライパンの手入れが面倒という方は、ぜひ一度試してみてください。

きっと、より料理を作るのが楽しくなっちゃいますよ。

セラミックフライパンの手入れ方法

冒頭からお話している通り、セラミックフライパンのお手入れは他の素材のフライパンと比較して非常に楽です。

とはいえ、全く手入れしなくて良いというわけではありません。

正しい用途で、しっかり手入れして使えば、非常に長持ちしてくれるフライパンなので、ぜひ、手入れ方法を覚え、しっかり手入れしていきたいものです。

では、早速、セラミックフライパンの手入れ方法をご紹介していきますね。

調理前は必ず油をなじませよう!

セラミックコーティングは、比較的焦げにくい作りのフライパンですが、油を引かずに調理できるわけではありません。

油も引かずに調理してしまうと、すぐに焦げてしまい、せっかくのセラミックコーティングが台無しになってしまうことも…

なので、調理前には油ならしをしておくことが大切です。

油ならしの方法

油ならしの方法は、以下の手順で行うだけでOK

まず油をなじませるために、軽く(約20~30秒ほど)フライパンを火にかけます。

ただし、あくまで油が馴染みやすいように軽く温める程度で済ませましょう(間違っても強火で急激にフライパンを加熱するのはNGです)。

次に、火を止めフライパンに大さじ1杯の油を引きます。

この時に、気をつけたいのは、軽くフライパンを振り、全体になじませるようにして油をなじませていくこと!

全体的に油をなじませていかないと、油ならしの意味がまったくなくなるので注意しましょう。

最後に、残った油を油ポッドに戻すか、キッチンペーパーで拭き取り完了。

正直なところ、『油ならしは面倒』という人も確かにいますし、3工程ほど手順があるので、手間がかかるのは事実です。

ただし、これを調理前に軽く済ませておくだけで、より焦げ付きにくくなり、長持ちしてくれるので、手入れの一つとして心がけましょうね。

急激な加熱、強火での長時間の加熱は絶対にしない。

これは、手入れというよりも注意事項になるのですが、セラミックは、急激な温度変化に弱いため、急激な加熱や強火での加熱し過ぎはNGです。

特に、強火での空焼きをしてしまうと、一気にセラミックがもろくなり、破損のきっかけになりかねません。

すぐに焦げ付いたという人の多くは、油ならしをせずに急激な加熱をしているケースが見られます。

油をなじませるために軽く温めることは必要ですが、それ以上に急激に加熱したり、空焼きするのは絶対にしないでくださいね。

後片付けは、フライパンが冷めてから行おう!

何度もお話していますが、基本的にセラミックフライパンは、急激な温度変化に弱いです。

そのため、調理して熱せられたフライパンを、いきなり冷水で洗うともろくなるだけ…

なので、まずは20分~30分ぬるま湯で漬け置きし冷ましておいてから、スポンジで優しく洗ってあげるようにしましょう。

既に、ぬるま湯に漬け置きしてあることで、こびりついた汚れも落ちやすくなっています。

またセラミックフライパンは、汚れも落ちやすい特質があるので、金属タワシでゴシゴシ洗わなくても大丈夫!

むしろ、金属タワシで洗うとなると、フライパンを傷つけることになるだけなので、絶対にやめてくださいね。

洗った後はしっかり拭き取る

基本的に、セラミックフライパンは、他の素材のフライパンと比較して、錆びつきにくい特質があります。

とはいえ、あまり水滴が残った状態で放置しておくと、水に含まれるカルキが焦げ付きの要因となる場合もあるので注意が必要!

多少のことでは影響は及ぼさなくと、少しでも長持ちさせるために、フライパンを洗った後は、必ずキッチンペーパーや布巾できれいに拭き取りましょう。

以上が、主な手入れの方法及び注意事項です。

油ならしは多少手間がかかりますが、それ以外のことはほとんど手間にはなりませんし、少しでもフライパンを長持ちさせるなら必要なことです。

せっかくセラミックフライパンを購入するのであれば、しっかり手入れし、より長持ちさせて上手に使ってくださいね。

セラミックフライパンの使い始めにすることは?

『セラミックフライパンを購入して、初めて使う際に、なにかすることがあるのか?』という質問を、ネット上でよく見かけます。

基本的にセラミックフライパンの使い始めで、特別にすることは油ならし以外ありません。

一部の情報サイトで空焼きが必要という話も耳にしますが、それは大きな間違いです。

熱に耐性があるとしても、セラミックフライパンは、急激な温度変化や400℃を超えるような長時間の加熱には脆いです。

軽く温める程度ならともかく、長時間空焼きするのは絶対にやめてください。

また、油ならしも、軽くなじませる程度で大丈夫です。

先程、手入れの方法をご紹介しましたが、それだけ護っておけば、特に心配することはありませんので、あまり難しく考えずに使い始めてくださいね。

セラミックフライパンの安全性

メリットのところでもお話しましたが、セラミックフライパンは安全性の優れたフライパンです。

耐熱性に強く、フッ素加工のフライパンとは異なり、加熱しすぎてコーティングが剥がれるようなことがあっても、有毒ガスが発生することはありません。

また、ものには寄りますが、非常に軽く扱いやすいフライパンも多く販売されています。

そもそも、セラミックフライパンを使用する際は、弱火~中火の範囲で使用を推奨されています。

なので、他のフライパンを強火で使用しているときのことを考えたら、やけどの危険は若干低く安全性を考えると非常に高いです。

このように安全面に配慮されたフライパンが多いからこそ、セラミックフライパンは人気を得ています。

ぜひ、安全・安心に、セラミックフライパンを使って楽しく料理を作ってみましょう。

よくある質問・疑問

最後に、セラミックフライパンに関して、よく見かける質問・疑問を答え付きでまとめておきますので参考にしてみてください。

質問1:セラミックフライパンを洗う際に洗剤を使っていいの?

鉄・ステンレス素材のフライパンのように、セラミックフライパンを洗うときも、洗剤は使わない方が良いのでしょうか?

答え

基本的に一部の鉄・ステンレスフライパンは、亀の子タワシでゴシゴシ洗って汚れを落とすタイプのフライパンです。

特に鉄フライパンは、空焼き・油ならしをしっかりしてから使う仕様であるため、洗剤を使うと油膜が剥がれてしまうので洗剤を使わずに洗います。

しかし、セラミックフライパンでは、あまり強くゴシゴシ洗うと、傷つく恐れがあるので、あまりおすすめされていません。

また、油をなじませる必要があるとはいえ、鉄・ステンレスのように、しっかりなじませるというより軽く馴染ませる程度で構いません。

調理前に軽くなじませる程度なので、調理終わった後に、洗剤で洗って膜が剥がれても、また軽く油をなじませればいいので問題はありません。

ぜひ、中性洗剤とスポンジで、優しく洗ってあげてください。

こびり付いた汚れや焦げ付きも、ぬるま湯で20~30分漬け置きし洗ってあげれば大抵は落ちますので、心配する必要はありませんよ。

質問2:中火以下だとうまく熱が伝わらないのでは?

特にチャーハンを始めとする中華料理では、『火力が必要』と聞いたことがありますが、セラミックフライパンでは強火で調理できないのでしょうか?

また、中火以下で調理した際に、うまく熱が伝わるものなのでしょうか?

答え

『中火以下だと熱がうまく伝わらず、美味しく調理できないのでは?』という不安の声をよく耳にします。

確かに火力が必要とされる料理はありますし、特に中華料理点では強火で短時間に料理をしたいと考え、あえて鉄鍋を利用する所も多いです。

ただ、セラミックフライパンが中火以下の調理を推奨されているとはいえ、それで料理の際に熱が全体に通らないということはありえません。

セラミックフライパンは中火以下でもしっかり火が通る!

そもそも、セラミックフライパンには遠赤外効果があります。

遠赤外効果の詳細は難しいので、ここでは割愛しますが、端的にいうと、対象物に対して熱を中までしっかり伝える効果があります。

そのため、強火でなくても、しっかり食材に火を通し、美味しく調理することが可能なのです。

また、セラミックフライパンに使われる素材として、アルミが使われているものも多く販売されています。

アルミは、熱伝導率が非常に高く、中火・弱火でもすぐにフライパン全体を熱することができる素材です。

そのため、セラミックの遠赤外効果と合わさり、鉄鍋の強火に匹敵する熱を食材に加え、美味しく調理できるのです。

『強火でないけど大丈夫?』という気持ちはわかりますが、そんなに心配する必要はありません。

ぜひ、一度試してみて、セラミックフライパンの実力を体感してみてくださいね。

質問3:どうしても焦げ付きが取れなくなった場合はどうすればいいの?

セラミックフライパンを使っているうちに、どうしても焦げ付いてしまう場合も中には出てくると思います。

その際に、どのようにしてご焦げ付きを取れば良いのでしょうか?

答え

基本的に、セラミックフライパンは焦げ付きにくいですが、使い方を間違えたり、長年使っていったりする中で焦げ付きが発生することはあります。

そんな際にも、ぬるま湯に付けて、スポンジで優しくこすってあげれば落ちやすいのですが、中にはどうしても落とせない焦げ付きもあるでしょう。

そういう場合は、水1リットルに重曹20ḡを溶かして、フライパンを軽く沸騰(この場合も強火はNG)させ、その後、2時間放置させてください。

2時間放置後、お湯を捨て、布巾でフライパンを拭き取れば、焦げ付きは落ちます。

しっかり対応すれば焦げ付いても回復させられるので、安心して、セラミックフライパンをご使用くださいね。

質問4:フライパンに食材などの色移りはしないの?

セラミックフライパンは、表面が白いデザインでおしゃれなのは良いのですが、長年使っていると、食材の色が移ってしまわないか心配です。

長年使っていく中で、食材の色がセラミックフライパンの表面に移ってしまうことはあるのでしょうか?

また色移りした後に使用し続けることは可能でしょうか?

答え

せっかくおしゃれなセラミックフライパンを購入したのに、表面に食材の色が移り、変色してしまうのは嫌ですよね。

確かに長期に渡り使用していく中で、食材の薄皮などが残ったまま(洗いもらし)放置されていることがあれば、色移りは起こります。

そうならないためには、日々しっかり手入れし、使い終わった後もしっかり洗うことが大切です。

ただ、仮に色移りし、オシャレ度は落ちてしまうとしても、そのまま問題なく使用することは出来ますので、あまり心配する必要はありませんよ。

さすがに1度や2度の使用で買い替えるのはどうかと思いますが、長年使用したあとなら、価格自体も比較的安価ですし、買い換えるのも一つの手。

色移りした後に、まっさらの状態に戻すのは実質不可能ですが、しっかり手入れすれば、簡単に色移りはしないので大丈夫ですよ。

質問5:セラミックフライパンって本当に軽いの?扱いやすい?

セラミックフライパンのレビューを見ていくと、一部で『重い』という言葉を目にしますが、本当に軽いのでしょうか?

また、購入下は良いけど扱いにくいってことはありませんか?

答え

セラミックフライパンに何を求めているかによって、感じ方は変わってきますし、各メーカーから販売されている物によってピンきりなのも事実。

そのため、重いと感じる人や扱いづらいという人がいるのは間違いありません。

ただ、『ビタベルデ フライパン 26cm IH対応 コンテンポ ターコイズ マグニート』のように、軽量なセラミックフライパンもたくさんあります。

また、金タワシでゴシゴシ洗いたい人には向いていないものの、簡単な手入れで洗いやすく扱いやすいというのも事実です。

セラミックフライパンは簡単な手入れで安心・安全に扱えるという特徴があるので、その利点をも考慮して購入をご検討してみてくださいね。

セラミックフライパンは安心・安全で便利なフライパン!(まとめ)

以上が、主なセラミックフライパンに対するよくある質問・疑問とその答えです。

どうしても、加熱(温度)、手入れ、などの質問が多く、それだけセラミックフライパンにおける不安も多い様子が伺えます。

確かに、鉄鍋のようにガシガシ使うこともろくなる部分があるますし、ちゃんとうまく使えるのか不安が多いというのも当然の話…

ただ、セラミックフライパンは、遠赤外効果・熱伝導率の良さ・焦げ付きにくさなどのメリットも多く非常に扱いやすいフライパンです。

しかも手入れも比較的簡単で、コスパも非常にいいフライパンなので、まずは一度購入して使ってみてください。

その中で、しっかり手入れして大切に扱えば、かなり長持ちし、日々の料理が楽しくなるのでおすすめですよ。