【人気】ブレンデッドウイスキーのおすすめ銘柄!有名と安い銘柄を紹介

ブレンデッドウイスキーのおすすめ-min

ウイスキー好きの人なら、ブレンデッドウイスキーを好んで選ぶ人も多いかもしれません。ブレンデッドウイスキーは数多くの銘柄があり、味わいや香りもいろいろなものがあります。

ブレンデッドウイスキーのおすすめの銘柄や有名なメーカーをご紹介します。また、安くて美味しい銘柄も一緒に見てみましょう。

ブレンデッドウイスキーのおすすめの銘柄

多くの種類があるブレンデッドウイスキー。今人気のあるおすすめの銘柄をご紹介します。

響 JAPANESE HARMONY

サントリーウイスキー 響 JAPANESE HARMONY 700ml

サントリーウイスキー 響 JAPANESE HARMONY 700ml

7,981円(08/22 06:02時点)
Amazonの情報を掲載しています

響 JAPANESE HARMONYは、日本のブレンデッドウイスキーの代表銘柄です。そして、サントリーウイスキーの定番でもあります。ミズナラ樽で作られたウイスキーをベースにしているので、芳醇で独特な香りを持っています。甘さはありますがすっきりとしているのです。

JAPANESE HARMONYはノンエイジタイプなので、熟成による深い味わいが感じられないですが、それが逆に飲みやすいと言えます。

同じシリーズである響17年は、最近のウイスキー人気から原酒が足りなくなり、2018年の9月くらいから販売休止することになっています。

バランタイン 12年

スコッチウイスキーのブレンデッドウイスキーで有名なのがバランタイン。40種類以上のシングルモルト、グレーンウイスキーをブレンドしているという絶妙なバランスが魅力的です。最低でも12年以上熟成させています。

スコッチ特有のピート香や甘さなどの味わうことができ、複雑ですが上品でクリーミーな飲み応えのある味わいです。初心者でも飲みやすいスコッチウイスキーです。

ジョニーウォーカー ブラックラベル

ジョニーウォーカーは世界的に人気の高いウイスキーのメーカーです。その中でブラックラベルは、スコットランド各地で作られている12年以上熟成されたいくつもの原酒をブレンドして作られています。

スモーキーさがありながら、柑橘系のフレッシュさや甘い味わいなど、複雑ですがバランスの取れた味わいが特徴的です。価格も手頃で味わいも豊か。家で飲むにもおすすめです。

ブレンデッドウイスキーで有名なメーカー

ブレンデッドウイスキーの人気の銘柄をおすすめしましたが、それと一緒に、有名なメーカーもご紹介します。

サントリー

サントリーは、日本では誰もが知っている有名な飲料メーカーです。そして、国産ウイスキーの第一号を販売したのも、サントリーです。サントリーは、現在も数多くの海外のウイスキーも取り扱いがありますし、国産のウイスキー製造も行っています。

1937年にブレンデッドウイスキーの角瓶は「傑作」として販売され、多くの人に愛されて、今でもロングセラーとなっています。ブレンダーの技は、複雑で繊細。現在もその技は受け継がれているのです。その他にも、ローヤル、オールド、レッドなど数々のブレンデッドウイスキーが販売されています。

バランタイン

バランタインは、ブレンデッドスコッチの代表的なメーカーです。昔はウイスキーに安いお酒を混ぜて売るということが多かったのだが、創業者であるジョージ・バランタインは、ウイスキーの組み合わせによって、それぞれの原酒を超える味わいを生み出そうとしたのです。

バランタインは高度な技術や優れたブレンダーによって、世界に認められるウイスキーとなりました。そして、1895年には、ヴィクトリア女王から王室御用達の名誉まで与えられているのです。

ジョニーウォーカー

ジョニーウォーカーは、1820年にスコットランドのキルマーノックという都市で生まれた、世界的に有名なメーカーです。ジョニーウォーカーには、上で紹介したブラックラベルの他に、日本では価格がリーズナブルなレッドラベルも人気です。

ラベルによって製法や年代が違っており、それぞれの特色があります。1934年にはジョニーウォーカーは、イギリス王室御用達のお墨付きをもらっています。常に革新し続け、現在は世界No,1スコッチウイスキーとして親しまれているのです。

ブレンデッドウイスキーの安くて美味しい銘柄

ブレンデッドウイスキーは高級なものもありますが、価格が手頃なものも多いのが嬉しいところです。安くて美味しい銘柄を見てみましょう。

サントリー 角瓶

サントリー ウイスキー 角瓶 700ml

サントリー ウイスキー 角瓶 700ml

1,380円(08/22 23:00時点)
Amazonの情報を掲載しています

サントリー角瓶は、誰もが見たことのあるお酒なのではないでしょうか?「ウイスキーがお好きでしょ」という言葉とともに、印象に残っているかもしれません。80年を迎えるロングセラーで、日本での売り上げNo,1を誇るウイスキーです。

バーボン樽原酒がバランスよく使用され、甘い香りと厚みのあるコクとドライな後口です。ハイボールにするとより味わいが引き立つようにできているので、ハイボールで楽しんでみて下さい。

ジムビーム

バーボンウイスキー ジムビーム 700ml

バーボンウイスキー ジムビーム 700ml

1,152円(08/22 08:40時点)
Amazonの情報を掲載しています

ジムビームはローラさんが出るCMも見かけますし、知名度は上がっていますよね。ジムビームはアメリカで生産された、世界で最も売れているバーボンウイスキーです。華やかな香りですが、キレがあり軽い味わいで、ハイボールに最適です。ウイスキーに慣れていない人でも飲みやすいでしょう。

ブラックニッカ クリアブレンド

ブラックニッカ クリアブレンド 37° 700ml

ブラックニッカ クリアブレンド 37° 700ml

790円(08/22 19:31時点)
Amazonの情報を掲載しています

ブラックニッカ クリアブレンドは、コスパが良いブレンデッドウイスキーで知られています。ウイスキー独特の味わいや香りが抑えられているので、すっきりと飲むことができます。

甘い感じはしますが、ロックやハイボールなどいろいろな飲み方ができますよ。毎日ゴクゴク飲みたい、大勢でおうちで飲みたいという時にもおすすめです。

ブレンデッドウイスキーとは

今販売されているウイスキーの中の約8~9割がブレンデッドウイスキーと言われ、種類も多く、一般的なウイスキーです。どのような特徴があるのでしょうか?

原料

ブレンデッドウイスキーとは、名前の通り、ブレンドをされているウイスキーです。大麦麦芽から作られている「モルトウイスキー」と小麦やトウモロコシなどの穀物を原料にした「グレーンウイスキー」をブレンドして作られています。

ブレンドする銘柄や割合によって、全く違う味わいや香りになります。味や香りなどにバランスが取れたものが多く、飲みやすいものが多いのが特徴です。

手頃な価格のものも

ブレンデッドウイスキーは、手頃な価格ものも多く、毎日ウイスキーを飲みたいというような方には嬉しいですよね。熟成年数が分かれているものもあるのですが、手間や時間がかからない、熟成年数が少ないものの方がリーズナブルです。

ブレンデッドウイスキーは絶妙なバランス!

ブレンデッドウイスキーは、多くの種類があり、価格帯も様々です。モルトウイスキーやグレーンウイスキーをブレンドしてできており、それぞれの原酒の絶妙なバランスを楽しむことができます。

蒸留所や熟成年数、割合など、ブレンドの方法によっていろいろな味わいが生み出せるブレンデッドウイスキー。飲みやすいものも多いので、ウイスキーが初めてという人でもなじみやすいものを見つけられますよ。自分好みのブレンデッドウイスキーを探して、楽しんで下さい。